2013年08月25日

你好ニーハオ(元町・中華街)…ディープな中華街路地裏から横浜スタジアムへ

ニーハオ
8月最後の日曜は妻と横浜スタジアムでナイター観戦。
早めに家を出て中華街に行って、江戸清でブタまんでも買ってから球場に行こう、
なんて言いながら、16時ちょっと前に横浜中華街界隈に着く。

ニーハオ
同發や萬珍楼などが並ぶメイン通りはかなりの賑わい。
数時間して夕飯時になれば更に混雑は激しくなるだろう。

ニーハオ
ふと思い立ち、細い路地に入る。
確かこの辺じゃなかったけなあ・・・。
あった、あった、你好(ニーハオ)。
中華街の路地裏のディープな雰囲気に妻も興味深そうな顔をしている。
ブタまんはやめてここで腹ごしらえしよう、ということになる。

ニーハオ

ニーハオ
薄暗い店内に安っぽいテーブルと椅子、B級感まんてんの雰囲気だ。
16時過ぎだから店内に客は我々のみだ。
瓶ビールを注文するとすぐにキリンラガーの大瓶が出てくる。

ニーハオ
まず一品目は焼餃子530円
やや大きめの餃子が6個、下に甘辛いタレが敷かれている。
そのタレに浸しながら食べる。

ニーハオ
皮は厚めであんはぎっしりと詰まっている感じ。
肉汁が滴り落ちる、ということはないが食べ応えはある。
タレともよく合うが、酢醤油+辣油で食べてみたい気もする。

ニーハオ
続いて出てきたのが牛肉蠔油炒め1,260円、いわゆる牛肉のオイスターソース炒めだ。
牛肉以外にはネギ、パプリカ、絹さや、玉ねぎ、マッシュルーム、ヤングコーン、
そして細かいニンニク片が認められる。

妻は美味くないと言う。
牛肉があまり軟らかくないからだろう。
昔は中華の牛肉は高級店でもこんな感じだった。
なんとなく懐かしい気がして、一人でむしゃむしゃ食べてしまった。

ニーハオ
続いては妻のリクエストで注文した野菜スープ(値段失念)
青菜、白菜、人参、きくらげ、絹さや、かき玉などが入る。
奇をてらわない優しい味だ。
でも量はかなり多くてCPが高い一品だった。

ニーハオ
料理四品目は滑蛋蝦仁1,260円、いわゆるえび玉である。
私はこの料理が大好き。
この店のえび玉にはトマトが入るが、B級っぽくていいじゃない。
えびの弾力のある食感がよく玉子もふんわりしていて、クリーンヒットな品だった。

本当は〆にチャーハンとか焼きそばなんかを行きたかったのだが、
あまりお腹いっぱいになってナイター観戦中に寝てしまわないように、ここで席を立つ。
会計は二人で4,500円ほど。
二人でビール1本しか飲んでないからね、まあそんなもんだよな・・・。

ニーハオ
さてさてこの日の横浜スタジアムは横浜ー巨人戦、満員御礼である。

ニーハオ
阿部。

ニーハオ
高橋由。

ニーハオ
坂本。

ニーハオ
菅野。いいピッチャーだけど太りそうだね。

ニーハオ
ワンサイドゲームで7回裏には巨人は守備固めだらけ。
フローズン生ビールはよかったね。

ニーハオ台湾料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4

posted by こここ at 22:30| 神奈川県 横浜市中区 中華街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする