2013年09月04日

うなぎ割烹 登川(五反田)…うなぎは高すぎて食えないので

登川
私は何故か、昼に海鮮丼か焼鳥丼を食うと、翌朝の体重が前日よりも減る。
夜はつまみ程度のものしか食べないから、昼に何を食うかが大きく影響するのだが、
ラーメンやつけ麺、焼きそば、チャーハン等を食うと破滅的に体重が増える。
ちょっと体重を減らしたいと思う時は海鮮丼や焼鳥丼を昼に食べればいい。

というわけでこの日の昼は五反田のうなぎ店「登川」に焼鳥丼を食べに行く。


登川
午前11時30分頃、近くの有料駐車場に車を停めて一人で店に行く。
かなり広い店内に先客は年配の男性客が一人。
カウンター席に座ってメニューを見る。

登川
きじ焼重・上850円を注文する。
因みにこの店のうな重は2,800円からで上が3,500円、特上は4,500円、最上が5,500円。
どうせ2,800円のうな重のうなぎなんてすごく小さいんだろう。
うなぎの人工ふ化が本格的に進めば数年後にはうなぎはだぶつく、なんて説があるようだが、
そうなるまでは私のような最下層のサラリーマンにはお預けだろうな、なんて思ったりする。

登川
10分足らずで出来上がってくる。
もも肉と思われる鶏肉片が7個ご飯の上に並び、玉子焼きと紅生姜が添えられる。
鶏肉片は一個の大きさが一般的な焼鳥よりも大きい。
エノキと豆腐の味噌汁と白菜の漬物がつく。

登川
食べる。
タレはあまり甘くなくベタベタしてないので私の好みだ。
ご飯にもしっかりタレがかかっているがしつこさは感じない。
但し鶏肉に炭火の香ばしさがあまり感じられないのが残念だ。
もうちょっと皮などの表面を強火でパリッと焼いてもいいのではないかと思う。
あと、1,000円くらい払ってもいいからもうちょっと鶏肉を大胆に敷きつめてもらいたい。
食べきっても何となく物足りなく感じてしまう。

登川
私の後に数人の客が入ってきたが、皆年配の男性一人客だった。
うなぎを注文している人は一人もいなかった。
さて、私の明日の体重はどうなっているだろうか・・・。

うなぎ割烹 登川 五反田店うなぎ / 五反田駅大崎広小路駅不動前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

ラベル:焼鳥丼
posted by こここ at 11:45| Comment(0) | 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。