2013年10月22日

チャオタイ 渋谷東口店…愛しのパッキーマオPART2

018.JPG
大崎グリーンパッタイ以来のランチパッキーマオ第2弾は、
都内に数店の店舗を持つチャオタイの渋谷東口店である。

都内のタイ料理店でランチにパッキーマオを出す店をネットで探すと、
すぐにこの店が引っかかってくる。
平日の昼13時半頃、一人で店に行く。

店外のメニューを見る。

チャオタイ

チャオタイ
この店のランチメニューはA=タイラーメン、

チャオタイ
B=タイの焼そば、C=タイカレー、

チャオタイ
D=かけご飯、

チャオタイ
E=焼き飯、と5つのカテゴリーに分かれる。
Bの焼そばからパッキーマオ・センヤイ・ムー850円大盛100円で注文する。
センヤイは太麺、ムーは豚肉である。

タイ料理のランチの定番と言えばグリーンカレーやパッタイ、カオマンガイ、
ガイ・パット・ガパオ・ラーカオなどになるだろうが、
もともときしめんの焼うどんが好物でしかも辛いもの好きの私にとって、
このパッキーマオという料理はストライクゾーンど真ん中なのである。

チャオタイ
13時半を過ぎても全40席という店内はほぼ満席で女性客が多い。
全面喫煙可との情報だったがテーブルに灰皿はなかったし、
喫煙客も見当たらなかった。

チャオタイ
注文から5分ほどで出来上がってくる。
大根のスープ、普通の野菜サラダ、ヤムウンセン、タピオカのデザートがつく。
ヤムウンセンはほどほどに辛さがあった。

チャオタイ
パッキーマオの具は豚肉のほかにタケノコ、パプリカ、絹さや、カリフラワー、
ブロッコリー、コリアンダー、人参など。
ヤングコーンがないのと玉子が少ないのが特徴かもしれない。
味はオイスターソースがしっかり効いてまずまず美味かったが、
辛さが今一つ。
後でメニューを見れば"辛さの調節可能"の記載があり、ちょっと後悔した。

チャオタイ
ランチでパッキーマオを出す店は少ないから、とても貴重な店だ。
これだけ混んでいるからカレー類やかけご飯類も美味いのだろうが、
是非次は本物の激辛パッキーマオを食べに来たい。

チャオタイ 渋谷東口店タイ料理 / 渋谷駅神泉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by こここ at 14:26| Comment(0) | 渋谷区 渋谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。