2013年10月28日

【閉店】とんかつ 駿河(神保町)…幸薄顔とんかつ

とんかつ駿河
久々にとんかつを食いたい。
でも分厚くて脂身たっぷりはちょっと自信がない。
思い当たったのはかねてより気になっていた神保町のとんかつ駿河である。

とんかつ駿河
平日の午前11時に店に行くが、まだ暖簾がかかっていない。
食べログの店舗情報で11時開店となっていても実際は11時半開店の店は多いし、
特にとんかつ店に多いような気がする。
周辺を散歩してから11時10分頃に戻ってくると、暖簾がかかっていた。

とんかつ駿河
メニューは店内の壁に貼られているもののみ。
事前情報から値段は安いが量もかわいいことが分かっていたので、
ロースかつ定食700円単品のヒレかつ300円を注文する。

とんかつ駿河
カウンター席のみの店内は清潔感があるが、
食材の袋が雑然と通路に置かれているあたりはご愛嬌か。
私の滞在中に他の客はなかったが、席間が狭いので混雑時は圧迫感がありそうだ。

とんかつ駿河
注文から5分ほどで出来上がってくる。
ご飯は少なめでお願いした。
わかめの味噌汁がつき、たっぷりの冷たいナポリタンが添えられる。

とんかつ駿河
ロースかつは130gくらいのボリュームだろう。
厚みは最大でも1pをきる。
脂身はかなり削ぎ落とされているようだ。
コロモは目が粗くハード目で、高温揚げで剥がれやすくなっている。

食べてみれば、肉にはそこそこの旨味がある。
期待しなかったせいかもしれないが、まずまずの肉だと思った。

とんかつ駿河

とんかつ駿河
単品のヒレかつもサイズは50gくらいだろう。
まずまずヒレらしい味だったが、このサイズで300円はどうだろう。

とんかつ駿河
あわせて1,000円、まあ値段なりのとんかつ定食だったのではないだろうか。
分厚い脂身たっぷりのロースかつが食いたくなってきた・・・。

とんかつ駿河とんかつ / 神保町駅新御茶ノ水駅御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 12:32| Comment(0) | 千代田区 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。