2013年12月27日

川香苑2号店(西武新宿)…恒例の忘年会は奥歌舞伎町で

005.JPG
二十数年来の旧友二人との恒例の忘年会。
今年は川香苑2号店にて辛い中華を食って2013年を締めることに。
チンピラ同士の喧嘩などを横目に歌舞伎町を奥へ奥へと進み
予約の18時に店に着くと、他の二人もほぼ同時に到着する。

川香苑
まずは生ビールで乾杯。
一品目に選択したのが口香鶏980円、よだれ鶏だ。
前回より100円値段が上がったようだ。
ナスが入るのが特徴か。

川香苑
二品目は定番の川香辛子鶏1,480円
これも値段が上がったような・・・。
とにかく唐辛子がやたら多くて鶏肉が少ないのはいつも通りだが、
その鶏肉が硬くてスジが入っているような部分が多かった。

川香苑
三品目はきぬがさ茸の上湯煮込み1,280円
緑豆、パプリカ、椎茸とともに煮込まれている。
恐らくきぬがさ茸の戻し汁をそのまま上湯に混ぜて使っているのだと思うが、
それが原因と思われる独特のふすま臭のような臭みがあった。

川香苑
ワインを2本開け、最後は特製チャーハン(正式名および値段失念)
これが一番美味かった。

川香苑
メニューが多いから当たり外れはあるだろう。
もっと魚モノやかえるの料理などにもチャレンジしてみなければ分からないが、
これまでの経験では、麻婆豆腐、餃子、チャーハン、おしまい、が一番いい。
ワインもカルロロッシが2,800円だからやめたほうがいい。
3人で会計は15,000円をちょっと切るくらいだった。

川香苑 2号店四川料理 / 西武新宿駅東新宿駅新宿西口駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by こここ at 21:00| Comment(0) | 新宿区 新宿、大久保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。