2014年01月16日

とんかつ美竹(大井町)…脂身たっぷりつばきポーク

とんかつ美竹
平日のこの日、13時過ぎにJR大井町駅に降り立つ。
ブルドック周辺の飲食店が密集する一帯を歩くが、何となく惹かれる店がない。
トボトボと歩くうちに品川郵便局の辺りに出る。
ふと“とんかつ美竹”の看板が目に入る。
うー、全然知らねえ。
まだまだ未知の店がいっぱいあるなあ、ってことで入店する。

021.JPG

002.JPG

003.JPG
入ってすぐのカウンター席の端に座りメニューを見る。
カウンター内の主人と思われる男性からランチメニューを薦められたが、
レギュラーメニューからつばきポーク上ロースとんかつ1,500円を注文する。

005.JPG
カウンター6席、テーブル12席の他に小上がりの座敷席がある店内には、
イチローグッズだの無名演歌歌手のCDだのが飾られている。
昭和34、5年頃の巨人と東映のメンバー表のようなレアそうなグッズもある。
13時過ぎでも客はそこそこ入っているから12時台は結構混んでいるだろう。
備え付けのスポーツ新聞を読みながら待つ。

009.JPG
注文から13分ほどで出来上がってくる。
6片にカットされたかつはすべて断面を上に向けて並べられている。
肉は恐らく180gくらい、厚みは最大で1.5pくらいではないだろうか。
断面を見るかぎりは脂身はたっぷりついている。

011.JPG

018.JPG

食べる。
肉はかなり叩かれているようで、硬さはまったくない。
旨味は赤身部分は薄くて淡泊だが脂身部分にはそこそこ甘みがある。
もうちょっと熟成をかければさらに美味くなりそうに思える。

020.JPG
コロモは厚めで目はやや粗め、色から中温以上で揚げていると思う。
大井町のとんかつ屋はコロモがとにかく分厚いのが多いがなんでだろう。
ただ丸八のようなコロモの内側の黄色い部分は少ない。
肉からは剥がれやすいということはない。

001.JPG
店は夫婦と思われる男女で賄われているが、とにかく腰が低い。
いちいち丁寧で、かけられる言葉に照れくさくなるほどだ。
コロッケ、メンチ、ナスつつみ揚げなどを単品で追加できればいいのに、
と思ったりする。

とんかつ 美竹とんかつ / 大井町駅鮫洲駅立会川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 品川区 大井町、大井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。