2014年01月25日

坊野(西麻布)…天ぷらにワインは合わない

053.JPG
妻がカウンターで天ぷらを食べてみたいと言い出す。
夢を叶えてあげたい気はやまやまだが、
よこ田だとか近藤なんかにふらっと行くような財力はない。
そういえばこの間デカいかき揚げ丼を食った西麻布の坊野は夜も安そうだったな。
さっそく電話する。
コースが3,500円からあるという。
よこ田の半分以下だ。

坊野
17時45分頃に店に着く。
予約席の札の置かれたカウンターの端っこの席に座る。
「18時に来ると思ってたんでまだ準備ができてないんですが・・・」
と店員に言われ、
「ゆっくりやってください。」
と応じる。

坊野
白ワインのデカンタを注文し、飲みながら待つことに。
店は年配の男性二人で切り盛りされている。
一人は揚げ手で、もう一人は年配ながら新米の下働きといった感じ。

坊野
「当店ではコースの最初におかゆを召し上がっていただくようになってます。」
18時過ぎになってまず出てきたのが薄味で少量のおかゆである。

坊野
続いて先付の豆腐が出る。

坊野
そしてサラダが出てくる。
レタス、水菜、プチトマトにサウザンドレッシングがかかり、じゃことクルトンが乗る。

坊野
着席から30分くらいして天ぷらが始まる。

坊野
さいまき海老2本、アスパラからスタート。

坊野
きす、舞茸、

坊野
たらの芽、白子、

坊野
蓮根、

坊野
穴子。
ここまでで、あとはかき揚げと食事と言われる。

坊野
椎茸と

坊野
丸玉ねぎを追加する。

坊野

坊野
そしてかき揚げと食事。

坊野
妻は小天丼を選択。

坊野
デザートはゆずシャーベットが出る。

坊野
我々の後から入ってきた客は
「さいまきがないのでコースはできない。」
と言われていて、皆おまかせの盛り合わせを注文せざるを得ないようだった。
この日のさいまきは我々の2匹しかなかったということなのか・・・。
会計は二人で9,650円。
安かったから仕方ない。
楽しいカウンター天ぷらごっこだった。
よく分かったのは、天ぷらにワインは合わないということだ。

西麻布 坊野天ぷら / 広尾駅六本木駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5

昼総合点★★★☆☆ 3.3

ラベル:天ぷら
posted by こここ at 21:00| Comment(0) | 港区 六本木、西麻布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。