2014年01月28日

タオ(新橋)…気分はどうしても唐揚げ、ならば・・・

タオ
午前11時過ぎ、虎ノ門界隈で仕事に区切りがつく。
午後は忙しいから今日は早飯だ。
とらのもんの激辛カツカレーかハングリータイガーのダニエルか・・・。
いや、唐揚げだ。
今から新橋まで歩けば、ちょうどタオの開店時間だ。

ちょっと早く着き、しばらく店の外で待っていると、
11時半ピッタリに店員が看板を出しに出てきて、店内に導かれる。
二人用のテーブル席に座る。

004.JPG
メニューを見る。
この店のスペシャリティは言うまでもなく唐揚げだが、
唐揚げ定食はハードルが高い。
デカい唐揚げが5個、いくら美味くても飽きて食いきれないのだ。
唐揚げは2個くらいがちょうどいい。
日替わりのホイコーローとから揚げの定食にも惹かれたが、
ちらし寿司900円単品から揚げ2個200円を注文する。

この店に来るのは1年ぶりくらいだ。
いつもはハンバーグと目玉焼きとから揚げのセットを注文していた。
オムライスとから揚げのセットも食べたことがある。
正直言ってから揚げ以外はどうということもない。

私の隣の若いサラリーマン客にから揚げ定食が出る。
スゴイ量だ。
から揚げは一個のボリュームがかつてよりも増している気がする。
三越前駅の串エ門、日本橋の南ばんと並んでボリューム唐揚げ御三家と言っていい。

010.JPG
注文から5分ほどで出来上がってくる。

008.JPG
ちらし寿司はまぐろ中トロ、蒸しえび、白身2種(ハマチ?スズキ)、ホタテ、
イカ、玉子にガリと大葉が乗る。
とにかく酢飯が多くて、
刺身一枚に対して大量に米をかき込まなくてはならない。

014.JPG
デカいから揚げは揚げたてで熱々だ。
片栗粉と小麦粉の混ざったコロモは食感が良く、皮もしっかりついている。
ただ、これをおかずに酢飯を食おうとしたが、ちょっと合わない。
味噌汁は相変わらず具沢山な豚汁だ。

001.JPG
1年に一回くらい食べたくなるタオのから揚げ。
次に来たときはサバ味噌煮にから揚げ追加でいきたい。

タオ居酒屋 / 新橋駅御成門駅内幸町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

posted by こここ at 12:10| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。