2014年03月10日

亀喜(三田)…ご飯の盛りがウリの大衆中華食堂

亀喜
寒い。
身体も心も財布も・・・。
田町駅から慶応仲通りを歩く。
今日は早メシだな。
心は亀喜のオムライスに決まっているのだ。

亀喜
11時15分、先客なしの一番乗りだ。

亀喜
メニューを見る。
なんとなく気が変わり、カツカレー930円を注文する。

店は年配の男性二人と女性二人で切り盛りされている。
男性と女性一人ずつが奥の厨房で作業をしている。

亀喜
注文から10分くらいで出来上がってくる。
恐らくカツは注文を受けてから揚げたのだろう。
私の後に入店してきた人の半チャンラーメンはものの数分で出来上がっていた。
因みについてきたスープは明らかにラーメンのスープと思われる。

亀喜
カツは結構な大きさのヒレカツが3個乗る。
厚みが結構あるが、食べてみるとコロモが厚く、肉自体の厚さは1p程度だった。
カレーは昔の定食屋風で、メリハリのない業務用カレー粉味だ。
但しこういうカレーが好きだという人も結構いる。
薄切り豚ばら肉と人参が具として認められる。

それにしてもご飯の量が多い。
お茶碗二杯分くらいは楽にありそうだ。
他の客の半チャーハンもお茶碗にこんもりと盛られていたし、
人気のオムライスの評判からも、この店のウリはライスのボリュームなのだろう。

亀喜
店は歴史がありそうな雰囲気だが、いったいいつ頃からやっていたのだろう。
慶応仲通りは子供の頃からよく歩いているが、
この店の評判を知ったのはつい最近のことだ。
昔からあるが、最近になって盛りのいいオムライスを始めて評判になったのだろうか。
いずれ麺類を食べに来てみたい。

亀喜中華料理 / 三田駅田町駅芝公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 12:00| Comment(0) | 港区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。