2014年03月12日

双見軒(荏原町)…皿がジャンボなジャンボカツカレー

双見軒
ここのところメニューがやたらに多い大衆中華食堂的な店に引き寄せられる。
きっとそういうバイオリズムなのだろう。
平日のこの日も東急大井町線荏原町駅を降りてふらふら歩いていて、
通りかかった双見軒に何も考えずに入店する。

双見軒

双見軒

双見軒
とにかくメニューが豊富で、
チャーハンセット、餃子セットなどセットものがだいぶお得そうだ。
しかしジャンボカツカレー850円を注文する。

双見軒

双見軒

双見軒
全18席のこじんまりした店内、あまり清潔感があるとは言えない。
古い油のにおいでむせそうだし、カウンターは心なしかベタッとしている。
私が入店したのは11時半頃で先客は無かったが、
10分もすると常連らしき年配の男性一人客が二人訪れ、
いずれも瓶ビールを注文している。
そういう客に支えられている店なのかもしれない。

双見軒
注文から8分ほどで出来上がってくる。
皿はジャンボだがそれほどのボリュームでもない、との事前情報を得ていたが、
出てきてみればその通り。
特にカレールーが見るからに少ない。

双見軒
一方でカツは、ラードで揚げているのが見えたのでちょっと期待したが、
高温でカッチリと硬く揚げられ、肉の厚みは0.8p、120gくらいのボリュームだ。
カツカレーのカツとしてはちょうどいいくらい。

食べる。
カレーは業務用カレー粉を溶かしただけのポワーンとした味のもの。
まあこれだけメニューが多ければ本格カレーなど作っている余裕はないだろう。
結構量が多いご飯にカレーをつけ、千切りキャベツにもカレーをつけ、
カツにもカレーをつけ・・・
どう考えてもカレールーが全然足りず、
カレーがなくなって大量のご飯とキャベツが残っている図にみじめな気持ちになる。

双見軒
店を営んでいる夫婦はとても感じのいい人たちだった。
荏原町駅界隈は未踏の地だったが、
ちょっと散策してみるといい店が結構ありそうだ。

双見軒中華料理 / 荏原町駅中延駅旗の台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

posted by こここ at 12:08| Comment(0) | 品川区 旗の台、荏原町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。