2014年03月12日

ParabootのREIMS

Paraboot
この日の夜、伊勢丹から待望の荷物が届く。

024.JPG

Paraboot

Paraboot
ParabootのREIMS(ランス)だ。
この綴りでランスと読ませるところがフランス語は難しい。

ペニーローファーというには薄さがない。
甲が高く、コパの雰囲気も重厚だ。
Michaelと同じラストらしいし、とにかく歩くための靴って感じ。

Paraboot
色はMARRONを選択する。
CAFEやNUITなどの色はよく売っているのだが、MARRONはなかなか見かけない。
BEAMSの新宿ルミネエスト店のトランクショーで見つけてラッキーと思ったが、
残念ながら私のサイズの6がない。
もしあったらルミネカード10%OFFとBEAMSポイント7%とキャンペーン3,000円券で
かなりお得だったのに・・・。
で、伊勢丹に行くと、直営店から取り寄せればあるという。
消費増税前だ。
買っちゃえってことで、来る妻の批判を恐れず買ってしまった。
63,000円の伊勢丹アイカード7%OFFである。

CHANBORDもAVINIGONもMARRONを持っているのだが、
使い勝手のいい色だから仕方がない。
この色はJACOB COHENのワンウォッシュと合わせるとおさまりがいいのだ。

Paraboot
ソールはMARCHEUというモデルがついている。
MICHAELやWILLIAMのソールと同じモデルだ。
AVIGNIONについているGRIFFUと同様で、ヒールだけの交換ができないものだ。
(CHANBORDのTEXはできる。)

Paraboot
一個大事にとっておいたCollonilのシダーツリーを装着する。

Paraboot
Parabootは2010年4月にCHANBORDをネットで買って以来5足目。
最近はINCOTEXとかLARDINIとかfiorioとか
同じブランドばかりをたくさん買うようになってきた。
年を取るごとにコンサバになっていくか。
もっと新しいブランドにチャレンジしないとどんどん老けていってしまうだろうか。

Paraboot
でもParabootはお気に入りだ。
REIMSは紐がないから頻繁な脱着が必要なケースで
CHANBORDやAVIGNIONよりも重宝する。
ガシガシ履きたい。
posted by こここ at 21:00| Comment(0) | ファッション 小物、靴、鞄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。