2014年03月28日

グリル 千里(西大井)…メニュー豊富な町の食堂

グリル 千里
第二京浜の二葉四丁目から西大井を経て大井町に抜けるバス通りは、
昼はおじいちゃんおばあちゃんしか歩いていない古びた風情の商店街だ。
この通りには結構気になる飲食店が多い。
ラーメンの土田八や田なんかは有名どころだが、
もっと年季の入った大衆中華や定食屋に気になる店が多い。
そんな中の一店、二葉郵便局近くの「グリル千里」に行ってみる。

グリル 千里
近くのコインパーキングに車を停め、午前11時20分頃店に行く。
先客は無く4人用テーブル席に座る。

グリル 千里

グリル 千里

グリル 千里

グリル 千里

グリル 千里

グリル 千里

グリル 千里

グリル 千里
メニューを見る。
「洋食、中華」の看板通りメニューは豊富、昔のデパートの大衆食堂みたいだ。
天ぷらや刺身、寿司類などの魚系の料理はほとんどないが、
肉系の料理はほとんど網羅されているのではないだろうか。

事前情報ではランチサービスの半チャンラーメンが評判が良さそうだったが、
何となく気分でかつ丼(上)1,200円を注文する。

グリル 千里
店備え付けの週刊文春を読みながら待っていると、
注文から10分ほどで出来上がってくる。
かつ丼には蓋がされている。
ラーメンの汁と思われるスープと漬物がつく。

グリル 千里
かつ丼の蓋を開ける。
すき間なくかつが敷かれ、玉子も二個使用されているようだ。
グリーンピースがのり、玉ねぎは使用されていない。

グリル 千里
食べる。
カツのボリュームは130〜140g程度、厚みは1pに満たないくらい。
厚めのコロモは肉から剥がれやすくとても食べにくい。
コロモの色からも察せられたが、とにかく煮汁が甘い。
出汁が濃いわけでなく、砂糖がたっぷり入っている感じだ。

グリル 千里
私が店にいる間に客は一人も訪れなかったが、出前の電話注文が次々に入っていた。
地元の人たちに支えられている店なのだろう。
長くやっている内にどんどんメニューが増えてしまったのだろう。
半チャンラーメンを食べにまた来たい。

千里定食・食堂 / 下神明駅西大井駅戸越公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 12:03| Comment(0) | 品川区 大井町、大井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。