2014年03月30日

JACOB COHËNのJ622…消費増税前の衝動買い

JACOB COHËN
不思議なほど世の中は消費増税に冷めている。
怒りの声はあまり聞こえず、仕方ない的に淡々と備えている雰囲気だ。
とは言っても、必要なものは増税前に買っておいた方がいい。
ヱビスビール、いっぱい買った。
ペリエもいっぱい買ったし、妻は化粧品や下着をたくさん買った。
そして、やこぶ買った。

JACOB COHËN

JACOB COHËN
この日、夜9時頃に宅配便が届く。
BEAMSからだ。
妻には内緒の宅配便だ。
「ちょっと仕事の荷物なんだよね。」
とか言いながら、こっそり妻の目の届かないところに運ぶ。

JACOB COHËN
妻が寝てからこそっと開ける。
JACOB COHËN(ヤコブ・コーエン)のJ622だ。

購入は3月22日。
BEAMSは20日からダブルポイントキャンペーン、
更に3万円以上の買い物で3,000円の商品券がつく。
3%の消費増税も考えたら、いずれ買うなら今買った方がいいということになる。
迷ったが買った。
でも妻には何となく言えない。

JACOB COHËN
JACOB COHËNのデニムはJ620、J688に次いで3本目。
J688の夏物のシャンブレーがあるから4本目か。

JACOB COHËN
J622はJ610とJ620の中間という説明もあれば、
J688の股上を浅くしたモデル、という説明もある。
試着してみると、裾はJ688よりも何となく細そうに思う。

043.JPG
股上はJ688よりほんのちょっと浅い感じ。
正直言うとあまり変わらない印象だ。

JACOB COHËN
裏地がチェック柄なのがいい。
見えないところに凝っているのがいい。

JACOB COHËN
ベルトステイループのデザインは一新されている。

085.JPG
コインポケットのリベットも凝ってる。

JACOB COHËN
付属の巾着袋に入るのは選択用の軽石とスペアの糸。

JACOB COHËN
サイズは最近痩せたので29かと思ったが30がよかった。
1891は色落ちしにくい生地と聞いたことがある。

JACOB COHËN

JACOB COHËN
ヤコブ、かっこいいんだよねえ。
もうジーパンはこれしか履かない。
裾はジャストに切ってもらう。
ガキじゃないからロールアップなんかしない。
もう背は伸びない。

JACOB COHËN
センタープレスしてテーラードジャケットに合わせるジーパン。
値段は39,900円。
高い。
妻に言えない。
でも知らんぷりして履いていても妻には分からないだろう。

JACOB COHËN
でもちょっと良心の呵責があるから、
たまったBEAMSの商品券は妻のアクセサリーかなんかに使おう。

JACOB COHËN
LARDINIのコーデュロイジャケットとParabootのREIMSをあわせて
がんがん出かけよう。
posted by こここ at 21:37| Comment(0) | ファッション 服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。