2014年04月01日

山古志(西小山)…無名とんかつ店にアタリはあるかシリーズ

010.JPG
数日前、中原街道から西小山駅に至る桜満開の立会道路を散歩していて、
ふと気まぐれに路地に入ってとんかつ店を見つける。
山古志という店名だから、きっと新潟出身の人が営んでいるのだろう。
妙に気になって、年度初めのこの日に一人で行ってみる。

006.JPG
開店時間の11時半、店の真ん前のコインパーキングに車を停めると、
ちょうど店主らしき男性が暖簾をかけ、看板を出している。
店内は何となく場末の古びたスナックのような雰囲気で、
カウンター席に座る。
店はこの男性一人によって賄われているようだ。

004.JPG

002.JPG
メニューは壁に貼られている。
結構強気な価格設定だ。
上ロースかつ定食1,600円を注文する。

007.JPG
テレビを見たり、備え付けのスポーツ新聞を読んだりしながら待つ。
店主は黙々と作業をしている。
先客も後客もない。
静かに時間が流れていく感じだ。

015.JPG
注文から12分ほどで出来上がってくる。

014.JPG
とんかつは肉の厚みが最大で1.8pくらい、170gくらいのボリュームだと思う。
脂身は全体にそこそこついている。
とんきのように横に一本包丁が入り、コロモは肉から剥がれやすい。

食べてみると、肉質はそこそこ良さそうだ。
硬い箇所やスジ張ったところはなく、旨味もまあまあある。
肉の銘柄などは一切わからないが、
この値段だからそれなりの肉を使っているのだろう。
キャベツは粗みじん切りでバリバリの食感だった。

018.JPG
味噌汁は大根や油揚げがたくさん入った豚汁、なかなか美味かった。
ご飯の盛りはよかったが、味噌汁も含めておかわりができるかは分からなかった。

001.JPG
アタリかハズレかと聞かれれば、ハズレではない。
ただ値段を考えれば隣の駅のたいようや目黒のかつ壱に行く方がいい。
もしまた来ることがあれば、豚バラの生姜焼きを食べてみたい。
西小山は散策してみれば結構いい店があるような気がする。

山古志とんかつ / 西小山駅洗足駅武蔵小山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 12:05| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。