2014年04月17日

ティンカーベル(青物横丁)…平凡だから安心感

ティンカーベル
二日酔いだ。
しかも前夜はあまり食べずに飲んでいたみたいだから、
気持ち悪いけど強烈に腹がすいている。
昼は久々にカツカレーで決定だ。
あまり辛かったりカツがデカかったりしない方がいい。
ステレオタイプの街の洋食屋のカツカレーがいい。
思案の結果、以前から気になっていた青物横丁のティンカーベルに行く。

007.JPG
目の前のコインパーキングに車を停めて11時半頃に店に行く。
全40席、ゆったりとした広い店内に先客は男性一人のみ。
広い4人用テーブル席に座る。
店の雰囲気は歴史と高級感のある街の洋食屋という感じだ。

ティンカーベル
入店後しばらくして女性店員がランチメニューを持ってくる。
すぐにポークヒレカツカレー1,000円を注文する。
因みにポークヒレカツカレーはグランドメニューでは1,300円だから
ランチは300円お得ということになるのだが、
同じものが出てくるのかはよく分からない。

ティンカーベル
注文から3分後くらいにランチサラダが出てくる。
自家製と思われる甘いサウザンドレッシングがかかる。

ティンカーベル
注文から8分くらいでカツカレーが出来上がってくる。

ティンカーベル
カレーは具がほとんどないタイプで、わずかに小さな肉片が認められる。
カツは小ぶりなヒレカツが二個乗る。
カツの肉の厚みは最大で0.8pくらい、二個で100gに満たないボリュームと思う。
目が粗めのコロモはしっかりと肉にはりついている。

ティンカーベル
食べる。
カレーはオーソドックスな洋食屋風ではあるが、じわっと来る辛さがある。
まさに今日食べたかったタイプのカレーだ。
甘さもしっかりあるのでカツカレー向きのカレーと言えるだろう。
ランチには食後のコーヒーがつく。

ティンカーベル
グランドメニューを見るとかなり価格は高めなので、
夜は界隈ではかなりの高級店ということになりそうだ。
大井町の人気店ブルドックとはだいぶ雰囲気が違う。
いずれランチ最高値の2,390円のビッグサーロインステーキセットを食べに来たい。

ティンカーベル洋食 / 青物横丁駅品川シーサイド駅新馬場駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 12:00| Comment(0) | 品川区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。