2014年04月28日

じらい屋(武蔵小山)…驚きの分厚いチャーシュー

じらい屋
天気のいい平日13時半頃、目黒線を武蔵小山駅で下車する。
悟空であんかけチャーハンでも食うかな、なんて思いつつ歩いていると、
ふと「じらい屋」の看板が目にとまる。
こんなところにあったのか!
かつて夜も昼もいつ開いているかよく分からなかった幻の店。
評判は聞いていたが、開いているのを初めて見た。
外から覘くと店内に客は一人もいない。
悟空のあんかけチャーハンは延期と決め、入店する。

じらい屋
券売機の前に立つ。
かなり腹減ってるからちゃあしゅうめんは決定だ。
醤油にするか味噌にするか塩にするか・・・値段はいずれも1,000円だ。
味噌にしたいところだが、この店は醤油が有名だった気がする。
じらい屋ちゃあしゅうめん1,000円の食券を買い、店員に渡す。
「ニンニク入れますか?」
と聞かれ、
「はい」
と応える。

じらい屋
壁の表示を見ると、麺の茹で加減やニンニクの有無、脂の量を指定できるようだ。
また昼営業の案内の表示もある。
かつては入店できることがラッキーと言われるくらい気まぐれ営業だったようだが、
今は平日の昼も月火水はしっかり営業が行われているようだ。

じらい屋
注文から8分ほどでじらい屋ちゃあしゅうめんが出来上がってくる。
評判通り真っ黒なスープ。
チャーシューの他にかいわれ、ネギのみじん切り、メンマがのっている。

じらい屋
食べる。
麺は中太の縮れ麺で、
見た目はゴワゴワしてそうだが食べてみるとつるっと食べれてしまう。
真っ黒なスープは意外と味が濃すぎず、そのままゴクゴク飲める。
ニンニクはほんのちょっと効いている感じ、違和感はない。

じらい屋
しかし何と言っても分厚いチャーシュー、これが最大のウリだろう。
ラーメンのチャーシューでこれほど分厚いのはあまり見たことがない。
新宿の満来くらいか?
4切れ入っていて、トータル200gくらいはあるのではないか。
脂身に富んでいて柔らかく、スープに浸しながら食べる。

じらい屋
私はあまりいいラーメン喰いではないし、食べ歩きも積極的にしない。
でもこのじらい屋のチャーシューメンはまずまず美味かった。
是非味噌ラーメンを食べにまた来たい。

じらい屋ラーメン / 武蔵小山駅西小山駅不動前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

ラベル:ラーメン
posted by こここ at 14:12| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。