2014年05月25日

山東(元町・中華街)…料理は評判通り、中華街の良店

山東
日曜の15時頃、大盛況の横浜中華街に行く。
横浜スタジアムでのナイター観戦の前の腹ごしらえである。
約9ヶ月前にも同じような状況で来て、その時はニーハオに入ったが、
この日目指したのは人気店「山東(サントン)」である。

かつては一日中行列があって週末はなかなか入れないようだったが、
新館ができて、本店も移転して大きくなったため、かなり入りやすくなったよう。
まずは新館を目指すがなんと改装中。
そこで本店に向かうと、その手前の、移転前の本店があった場所にも店がある。
新館が改装している間の臨時の店舗のようだ。

店に入ると二階に上がるよう指示される。
一階も二階も満席に近く、ポツンとあいていた4人用テーブル席につく。

山東
(前菜メニュー)

山東
(青菜類、海鮮メニュー)

山東
(海鮮類メニュー)

山東
(海鮮、豚肉メニュー)

山東
(豚肉、牛肉メニュー)

山東
(牛肉、鶏肉メニュー)

山東
(点心、麺類メニュー)

山東
(麺飯、スープメニュー)

山東
(デザート、飲み物メニュー)
メニューを見る。

店名の通り山東料理を出す店だ。
ウィキペディアによれば山東料理は海鮮を使った料理が多く塩辛い傾向があるよう。
最近評判になる中華の店は四川料理ばかりだからちょっと新鮮だ。

山東
まずはビールの大瓶648円を注文する。
このあと球場でビールを飲むことを考え、飲み物はこれだけにする。

山東

山東
卓上に瓶が置かれている。
食べるラー油かと思って、皿にちょっとだけよそって舐めてみると、
全然辛くない。
しかもめちゃくちゃ美味い。
店員に聞くと、餃子用のタレなんだという。
ココナッツで味付けされた沙茶醤らしいが、エビの殻を砕いたものが入ってそう。
これだけを舐めながらワインをガシガシ飲みたいくらいだ。

山東
料理一品目は大正海老の香味揚げ1,620円
セモリナ粉のような独特なコロモがついていて食感がいい。
殻もシッポも全部食べれる。
高級なえびせんべいを食べているような味わいだ。

山東
二品目は高菜と枝豆の炒め1,080円が出てくる。
干し豆腐が入り、高菜の酸味が出ていて美味い。
これは老酒や白乾のような酒が合いそうな料理だ。

山東
三品目は焼餃子864円だ。
名物の水餃子と迷ったが、知人から“焼餃子を注文すべし”と聞いていたので、
こちらを選択する。

山東
自家製の厚めの皮はモチモチ、焼き目はパリッとして堪らない食感。
あんはクセがなく、甘めのタレとも相性がいい。
ここ2〜3年以内に食べた餃子の中では出色の美味さな気がする。

山東
〆はXO醤チャーハン864円だ。
米はパラパラとしていたが、塩味がかたまっている箇所があったり、
まあそれなりのレタスチャーハンだったと思う。

山東
この日の会計は二人で5,076円。
それにしても料理のレベルは高い。
マナガツオなどの海鮮系や野菜類のメニューに食べてみたい料理が多いし、
見渡した感じ、店内は禁煙の様だったので、
絶対にまた来たい。

山東中華料理 / 日本大通り駅元町・中華街駅石川町駅

夜総合点★★★★ 4.0

posted by こここ at 16:31| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。