2014年06月01日

LONCAFE 江ノ島本店…江ノ島って意外といい

LONCAFE
「明日、江ノ島に行きたい。」
土曜の夜、妻が突然言い出す。
江ノ島の島の中にあるフレンチトーストの店に行きたいのだという。
きっとTVの情報番組か何かの雑誌の記事に触発されたのだろう。

朝7時に家を出て車で江ノ島を目指す。
横横道路の逗子インターから海岸沿いの道を通り、
江ノ島に着いたのが8時半くらい。
この時間だとまだ江ノ島入口から島への一本道も島の中の有料駐車場もすいている。

LONCAFE
目あてのLONCAFEは江ノ島サムエル・コッキング苑の中にある。
駐車場からは神社の参道のような細い登り道を10分くらい歩くと着く。

LONCAFE
サムエル・コッキング苑の開園は9時、LONCAFEのオープンは10時。
その間にLONCAFEの店頭のタッチパネルで予約をすればいいのだが、
そのシステムが分からず、予約の順番は10番目。
開店時に店頭で待っていたが、全11卓は9番目の客まででうまってしまった。

LONCAFE
我々が入店できたのは二回転目の10時40分くらい。
開放的で南国のカフェのような店内の奥のテーブル席につく。

LONCAFE

LONCAFE
メニューを見る。
妻はキャラメルシナモンのフレンチトースト1,050円を、
私はタコスチップサルサソース添え500円白ワイン610円を注文する。

LONCAFE
すぐに妻のセットのコーヒーと私の白ワインが出てくる。

LONCAFE
注文から5分くらいでタコスチップサルサソース添えが出てくる。
ドリトスと出来合いのサルサソースで500円、いい商売だ。
甘くない食べ物はこれしかないので、甘いものが苦手な私はこれしか注文できない。
大体そんなヤツがフレンチトースト専門店に来てはいけないのだろうが。

LONCAFE
その3分後に妻のフレンチトーストが出てくる。
ほんのちょっと食べさせてもらったが、これが何とも言えぬ味わい。
ボリュームが乏しくコストパフォーマンスは明らかに悪いが、
これを求めて来る人がいるのは分かるような気がする。

LONCAFE
何十年も首都圏に住んでいながら、
思い返してみれば、江ノ島の島の中に来たのは生まれて初めて。
意外と海もきれいで、いいところだなあと思った。
だから妻がまたフレンチトーストを食いたいと言い出したら、
頑張って早起きして来よう。

LONCAFE 江ノ島本店カフェ / 片瀬江ノ島駅江ノ島駅湘南江の島駅


昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 12:00| Comment(0) | 神奈川県 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。