2014年06月23日

チャオタイ 銀座店…パッキーマオはセンヤイがいい

チャオタイ
美味いパッキーマオを食いたい。
その一心で、昼に銀座に行く。
午前11時過ぎに目当ての店に行くが、ランチではパッキーマオはできないという。
やむを得ず昼にパッキーマオを食えるとわかっているチャオタイに行く。

チャオタイ
店は銀座インズ2の地下1階、11時半の開店と同時に入店する。

チャオタイ
昨年10月に渋谷東口店に行っているが、ランチメニューは全く一緒。
汁麺、焼き麺、カレー類、かけご飯類、焼き飯類など30種以上と豊富だ。
パッキーマオ・センヤイ・ムー850円大盛100円で注文する。
プラス100円でランチスープをトムヤムクンにできるというので、それも注文する。

入店から15分もすると、全60席の店内のほとんどのテーブルがうまる。
客の多くが一人客で、しかも女性率が8割くらいと高い。
フロアはあまり日本語が通じない若い女性店員一人で切り盛りされていて、
入店してから注文までかなり待たされている客もいる。

チャオタイ
注文から20分ちょっとくらいで出来上がってくる。
千切りキャベツのサラダと木耳のサラダ、ココナッツミルクと芋のデザートがつく。

チャオタイ
パッキーマオはなかなかの盛りだ。
具は豚肉に人参、カリフラワー、ブロッコリー、ピーマン、青梗菜、フクロダケなど、
渋谷東口店のパッキーマオとほとんど変わりない。
食べてみると辛さはしっかりあり、オイスターソースの味がきいて美味い。
やはりこの料理はセンヤイ(極太米麺)が美味い。
本式はきっと硬いタイ生姜がガッチリ入るのだろうが、
この店のパッキーマオは焼うどんなどをヒントに日本人向けにアレンジされているのだろう。

チャオタイ
トムヤムクンも美味かったが、100円出して足すほどだったかというと・・・。
すごく少なかったし。

チャオタイ
日式タイ料理店という印象だ。
夜に本格タイ料理を求めて来るような店ではないのだと思う。
ビジネス街ではなかなか重宝する店なのではないか。
他の多くの客が注文していたガパオご飯をいずれ食べに来よう。

チャオタイ 銀座店タイ料理 / 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 12:16| Comment(0) | 中央区 銀座、東銀座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。