2014年06月25日

梅よし(不動前)…焼鳥がのらない焼鳥丼

梅よし
平日の午前11時頃、東急目黒線不動前駅を降り立つ。
今日は夕方早い時間から飲み会があるから、早メシをしておきたいところだ。
まだ開店していない店がほとんどの中、
駅からすぐの焼鳥店「梅よし」には営業中の札がかかっている。
何も考えずに入店する。


梅よし

梅よし

梅よし
先客は年配の男性一人のみ。
全34席という店内は席間があまり広くなく、人がある程度入ると狭く感じそうだ。
夜のメニューを見ると焼鳥が1本130円、つまみもほとんどが500円以下と、
かなり安価な飲み屋のようだ。

梅よし
ランチメニューは5種ですべて750円だ。
焼鳥丼750円を注文する。

梅よし
なんと注文から3分ほどで出来上がってくる。
鳥肉は焼き置きしているのだろうか、と思って丼を見てみると、
黒ずんだ鶏肉が玉子焼きとともにご飯に乗っている。
この黒っぽさはタレの色ではない。

梅よし
どうも世界の山ちゃんの手羽先のように、薄く片栗粉をまぶして揚げているよう。
炭火で焼くより手間もコストもかからないのだろう。
夜の焼鳥もこのスタイルの調理法なのだろうか・・・。
世の焼鳥屋は客の目の前で焼鳥を焼いて見せる店が多いが、
この店の厨房はほとんど客間から見えないようになっている。

梅よし
タレの味は平板でご飯をガツっとかき込みたくなるような味ではない。
ご飯は無料で大盛にできるが並盛でもかなりの量だった。
ぬるいけんちん汁とサラダとしば漬けがつく。

梅よし
炭火で焼いたプリッとして香ばしい焼鳥がのった丼が食べたかった。

梅よし 不動前店焼き鳥 / 不動前駅大崎広小路駅五反田駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

posted by こここ at 11:41| Comment(0) | 品川区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。