2014年07月01日

燕楽(千鳥町)…一派の中では一番ダメ

燕楽
首都圏のとんかつ店にはいくつかの系統がある。
とんき系、丸一系、かつ吉系、ぽん多系などがよく知られる。
御成門の燕楽を起点とする燕楽系はとりわけ人気店の多い系統で、
成蔵と池上の燕楽は都内随一の人気と評価を誇っている。
そんな中の一店、千鳥町の燕楽に平日の13時半頃、一人で行ってみる。

燕楽
全24席という店内に先客は男性一人客2名のみ。
カウンター席に座る。
私の後に男性二人組、女性二人組が入ってきて、それぞれ小上がりの座敷席についた。

燕楽

燕楽
メニューを見る。
見なくても決まっているんだけど・・・。
ロースかつ定食2,100円を注文する。
周囲を見渡すとほとんどの客が900円のカツランチを注文している。

燕楽系といえば、平牧三元豚使用、ラード100%低温揚げ、
具沢山とん汁とマヨネーズ少な目のポテトサラダがつくなどの特徴がある。
成蔵は他のさまざまな銘柄豚を使用しているようではあるが。

燕楽
10分ちょっとで出来上がってくる。
とん汁、かぶときゅうりの漬物、冷奴がつく。

燕楽
肉は厚みが最大2pほど、おそらく150〜160gくらいのボリュームだと思う。
中低温揚げでコロモの色は淡いきつね色だが、肉からはやや剥がれやすい。
肉の断面は白く、しっかり火が通っている。

燕楽
食べる。
端っこの片にスジがあり噛み切るのに苦労する。
全体に赤身部分は硬め、旨味もそれほど強く感じない。
右端二片はほとんど脂身の塊のようだが、
舌にまとわりつくような脂身で、やはり旨味はあまり感じない。

燕楽
御成門池上よりも明らかにかつのボリュームも旨味も少ない。
ポテトサラダはこの店ではかつと同じ皿に盛られるが、
別皿で出てくる上記二店と比べて食感がゆるくマヨネーズが多い。
具だくさんで肉が豊富なとん汁のみが満足感が高かった。
ここまで来るのなら池上に行った方がいい、と確信した。

店員の人たちは皆腰が低く、とても感じがよかった。

とんかつ 燕楽とんかつ / 千鳥町駅武蔵新田駅池上駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 14:07| Comment(0) | 大田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。