2014年07月09日

【閉店】キッチンなかよし(中延)…このレトロは笑えないレベル

キッチンなかよし
東急大井町線中延駅で降り、昭和大学病院方面に歩く。
よく仕事で歩く道だ。
前を通るたびに気になるも、入るのには躊躇する「キッチンなかよし」。
古い商店街には必ず一軒はあるものすごくレトロな洋食店である。
雨の平日13時半、思い切って一人で入ってみる。

キッチンなかよし
全20席の店内に先客は男性一人、店のテレビを見ながらビールを飲んでいる。
店を一人で切り盛りする年配の女性も席に座っている。
席につくと、すぐに水が出される。

つきさすような古い油のにおいにむせそうになる。
床はもちろん、テーブルも油でベタッとして、不用意に肘などつけない。
壁も備え付けの漫画の表紙も油で変色している。
その佇まいをテレビ番組のネタにされたのだろうが、ちょっと笑えるレベルでない。

キッチンなかよし

キッチンなかよし
メニューを見る。
カツカレーを食べたかったがメニューにはチキンカツカレーしかない。
「カツカレーできますか?」
「はい」
「じゃあカツカレー大ください。」
「はい」
ゆっくりと時間が流れる。

キッチンなかよし
10分ほどでカツカレー大950円が出てくる。
大でもそれほどのボリュームではない。
千切りキャベツとキュウリのキュウちゃんが添えられ、スープや味噌汁などはつかない。

キッチンなかよし
カレーは洋食屋風というよりはそば屋のカレーのようなタイプ。
甘さ、辛さなどの味がはっきりしたカレーではなく、ぽわーんとした味わい。
カツは120gくらいのボリュームだろうか。
脂身がしっかりとついたロースかつで、コロモが剥がれやすくなっている。
20年以上前に地方の高速道路のサービスエリアでよく食べたようなカツカレーだ。
こういうカレーが好きな人って結構いるのだろうと思う。

キッチンなかよし
帰り際、店の女性が店の外まで出て、にっこりと笑いながらお辞儀をされた。
とても腰の低い、感じのいい人だ。
ちょっと笑えない店の佇まいをこの人の人柄がカバーしているのかもしれない。

キッチンなかよし洋食 / 中延駅荏原中延駅荏原町駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.7

posted by こここ at 14:10| Comment(0) | 品川区 戸越、中延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。