2014年07月10日

金魚鉢(明治神宮前)…豚バラ小間肉生姜焼き三昧

金魚鉢
セレクトショップの路面店が並ぶ神宮前一丁目交差点付近を歩く。
昔からこの辺りを歩くのは楽しかったが、年をとってもなかなか楽しい。
店舗や建物は結構変わったのだろうが、大きな雰囲気は変わっていないように思う。
ランチは以前からハイCPの評判を聞いていた金魚鉢に行く。

午前11時50分頃2階の店に行くと、全30席の店内は6割ほどの席がうまっている。
このあと10分ほどで満席になり、その後もひっきりなしに客が訪れていた。
場所柄客層はカジュアルウエアで働く20〜30代の男女が多く、
背広姿は私だけだった。

金魚鉢

金魚鉢
メニューは日替わり定食4種と定番定食10種のラインナップだ。
人気の冷し豚ポンズは8種のテーストがあり、
毎日通うような客を飽きさせない工夫なのかもしれない。
豚のしょうが焼きおかず大盛1,100円を注文する。
ご飯は小盛から大盛まで4段階を無料で指定でき、小盛を指定する。
お替りも無料でできるようだ。

店は厨房の男性一人、フロアの女性一人で切り盛りされている。
入れ替わり立ち替わりの客の注文やご飯お替りの対応は一人では大変そう。
席が空きながら皿が片づけられずにずっと入店を待たされる客、
或いは入店して着席してもなかなか注文をとってもらえない客が結構いた。

金魚鉢
さて、注文から10分ほどで出来上がってくる。
山盛の千切りキャベツとしば漬け、わかめの味噌汁がつく。
ご飯は茶碗が小さいので大盛でも見た目ほど多くはなさそうだ。

金魚鉢
一方でおかずはかなり量が多い。
近くの席の客に出された普通盛のしょうが焼きを見たが、それでもかなり多い。
肉は豚バラ小間切れが使用されていて脂身が多い。
玉ねぎが一緒に炒められている。

金魚鉢
ひと口食べると、なかなか生姜がよく効いて美味い。
私はしょうが焼きは厚みのあるロース肉よりも薄いバラ肉が好きだ。
しかし食べている内に飽きてきたか、塩っぱさがしつこくなってくる。
おまけに味噌汁が塩っぱく、塩分の波状攻撃を受ける。
血圧がかなり上がりそうだ。
冷たいお茶をがぶがぶ飲みながらなんとか食べきる。

金魚鉢
味がやや濃く一本調子なのはいただけないが、ハイCPは間違いない。
鶏から揚げやカキフライを食べに来るのもいいだろう。
おしゃれな界隈にこういう店があるのが楽しい。
夜も定食の営業だそうだ。

金魚鉢定食・食堂 / 明治神宮前駅原宿駅外苑前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

ラベル:生姜焼き 食堂
posted by こここ at 12:39| Comment(0) | 渋谷区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。