2014年09月27日

とんかつ 天山(茅場町)…花が咲いたようなコロモが印象的

とんかつ 天山
「今日は友だちと遊びに行くから適当に何か食べといてね。」
土曜日、起きて最初に聞こえたのがこの妻の冷たい言葉だ。
数秒後に家のドアが閉まる音がする。
うつらうつらとしながら、行ったことないとんかつ屋でも行くか、と考える。

とんかつ 天山
午前11時、数日前から気になっていた「とんかつ 天山」の店の前につく。
まだ準備中の札がかかっているので店の前で待つ。
5分後に女性店員が出てきて札が営業中に変わる。
店に入ると、なぜかカウンター席ですでにビールを飲んでいる男性客がいる。

とんかつ 天山
メニューを見る。
この店のとんかつは山梨県産富士桜ポークを使用している。
富士桜ポークは日本橋のレストラン・ワイワイで経験済みだが、
山梨県以外のとんかつ屋で使用している店はあまりないようだ。
上ロースかつ定食2,000円串かつ200円を注文する。

ビートルズの曲が流れる店内は全21席、こじんまりしている。
平日は昼間人口が多そうな地区だが、土曜日は界隈に人通りがあまりなく、
私が店を出るまでに入ってきた客は男性二人のみ。
ゆっくりと時間が流れる感じだ。

とんかつ 天山
卓上には甘口と辛口のソース二種、キャベツ用ドレッシング、食卓塩、黒コショウ、
しょうゆが並ぶ。

とんかつ 天山
注文から10分ほどで出来上がってくる。
油揚げと豆腐の味噌汁、漬物、大根おろし、タケノコの煮物がつく。

とんかつ 天山
まず目を奪われるのが目の粗いコロモである。
とんかつ全体に重量感を与えている。
しかしかつを箸で持ち上げると簡単にコロモが剥がれる。
高温揚げなのだろうが、開店直後で油がきれいなのかコロモの色が黒ずんでいない。

とんかつ 天山
肉は全体的に脂身がしっかりついている。
厚みは最大で1.5pくらい、肉だけの180gくらいのボリュームだと思うが、
コロモにボリューム感があるから、もっと重たく感じる。

とんかつ 天山
食べてみれば赤身はしっとりとしてそれなりに旨味を感じる。
脂身は融点が低く舌触りはよかったが、甘みはほどほどな感じ。
塩味がついた大根おろしをのせ、ほんのちょっと醤油をたらすのが美味かった。
結構満足感は高かった。

とんかつ 天山
ヒレカツと玉ねぎの串かつもまずまず。
こちらはやはりたっぷりの辛子と甘口ソースが合う。

とんかつ 天山
この店の良さは油の良さかもしれない。
こういう荒々しいコロモは油がきれいじゃないと目も当てられない。
スナック菓子のようなコロモの食感がとにかく印象に残った。
いずれこのコロモにちょいがけのカレーソースをかけて食べてみたい。

とんかつ 天山とんかつ / 茅場町駅水天宮前駅八丁堀駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

ラベル:とんかつ 串かつ
posted by こここ at 11:53| 中央区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする