2014年09月29日

松若(京橋)…バリバリコロモの揚げ物食堂

松若
平日13時過ぎ、有楽町駅界隈、気分は圧倒的にとんかつ。
候補は結構ある。
まずは交通会館の地下へ。
だめだ。
あけぼのもキッチン大正軒も外待ち客の列ができている。
ここで思い浮かんだ京橋の松若を目指し、足早に歩く。
途中、なぜか銀座インズ3の中を通り、ジャポネの列が短いのに気をひかれるが、
迷いを絶って京橋方面へ歩を進める。

店内に入ると、カウンターのみ全8席の店内に先客は3人ほど。
一番端の席に座る。
他に2階にはテーブル席があるようだ。

松若

松若
メニューを見る。
上カツと串カツのセットはできるか聞くと、大丈夫と言われる。
上カツ・串定食1,200円を注文する。

松若
店はおばちゃん店員二人で切り盛りされているようだ。
私の後に何人か客が続いて店内が一挙に満席になるが、
二人は忙しくても元気がよく、笑顔で客に対応している。

松若
注文から10分足らずで出来上がってくる。
とん汁とお新香がつく。
料理が出たと同時に代金を払うしきたりとなっている。

松若
上カツはロースカツだと思い込んで食べていたが、どうやらヒレだ。
脂身は完全に削ぎ落とされ、肉は硬めだ。
目の粗いバリバリの高温揚げのコロモをまとって、全体に食感がハードだ。
肉のボリュームは150gあるかないかというところだろう。

松若
串カツは小さなヒレ肉とねぎが入り、サイズは小さめ。
コロモは上カツと同様にバリバリのハードである。
ちょっと組み合わせがかぶってしまった感じで、
コロッケにしておけばよかったかな、と後悔する。

松若
周囲を見るとハンバーグフライ、いわゆるメンチカツを注文している人が多かった。
このコロモの食感だと、中身は軟らかいメンチが合うように思う。
次回はそれでいこう。
接客が気持ちいいので、また来たい。

松若とんかつ / 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

ラベル:とんかつ 串かつ
posted by こここ at 14:15| 中央区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする