2014年10月03日

とんかつ 六九(小川町)…ファストとんかつの新店

とんかつ 六九
時計を見ると15時過ぎ、空腹で気が狂いそうだ。
小川町、淡路町界隈を歩く。
分厚いとんかつが食いたい。
が、この時間だと厳しい。
ポンチ軒も勝漫も丸五も昼休憩に入っているはずだ。
ふと、小川町交差点で「とんかつ 六九」という店を見つける。

とんかつ 六九
地下の店に行ってみると、どうやら営業中のよう。
全36席の店内には10人ほどの先客がいて、女性一人客もいる。

とんかつ 六九
メニューは5種。
券売機で上ロースかつ定食990円の食券を買い、近寄ってきた女性店員に渡す。

とんかつ 六九
値段といい、店内の雰囲気といい、いわゆるファストとんかつ店のようだ。
ご飯、味噌汁はセルフで取り放題になっている。

とんかつ 六九
卓上にはとんかつソース、辛子、醤油、お茶のポットが置かれる。

とんかつ 六九
注文から8分くらいで出来上がってくる。
漬物と油揚げの味噌汁がつく。
味噌汁はセルフでおかわりする際にワカメを足すことができる。
ご飯はおかわりできるので軽めによそわれている。

とんかつ 六九
ロースかつは肉の厚みが最大1p、160gくらいのボリュームだと思う。
コロモは目が粗く、サクッというよりはザクッとした食感で、
肉からも剥がれやすくなっているので、ある程度高温で揚げられているのだろう。

とんかつ 六九
食べてみると、まあ値段なりのかつという印象だ。
脂身はそこそこついている。

とんかつ 六九
玉ねぎのかつがついてくる。

とんかつ 六九
都内のファストとんかつは長らくかつやの寡占状態だったが、
最近松屋系の松乃家やかつ丼屋、まるやなどが店舗数を増やしている。
競争が進んで質が向上し、廉価でてっとり早くとんかつを食える環境が充実してほしい。
今のところ、これらの店の優劣はよく分からない。

とんかつ六九とんかつ / 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 15:49| 千代田区 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする