2014年10月08日

タレカツ(水道橋)…定食で食うカツではない

タレカツ
久々に昼の神保町を歩く。
B級グルメの名店を挙げたらキリがない。
店先を眺めながら歩いているだけでワクワクしてくる。
13時過ぎ、白山通りから一本西側の道にちょっとした待ち人の列を発見。
以前から気になっていた「新潟かつ丼 タレカツ」だ。
今日のランチはタレカツ初体験といこう。

タレカツ
店外、店内あわせて20分くらい待って席につく。
カウンターのみ全12席の小さな店内、席間は狭く居心地はよくない。
ファストフードのイートインの造りである。
客はほとんどが若いサラリーマンとOLで、女性一人客も多い。

タレカツ

タレカツ
メニューは丼と定食があるが、ほとんどの客が丼を注文している。
初めてだからタレカツ丼にすべきかとも思ったが、
気分で野菜かつ定食980円ヒレかつ2枚(210円×2)を注文する。

タレカツ
注文から7分ほどで出来上がってくる。
ヒレかつは別皿で提供される。
白菜みじん切りの漬物とワカメと豆腐の味噌汁がつく。
尚、丼を注文している人は注文から3分くらいで提供されていた。

タレカツ
野菜かつはナス、ブロッコリー、エリンギ、さつまいも、プチトマトにカツ2枚。
すでにタレがかかっていて、すべてそのまま食べれる。
定食用のタレは甘めだがそれほど濃くはない。
ブロッコリーのかつの食感がいい。

タレカツ
野菜を食べ進むと一番下にかつが2枚、それぞれ3つに切られて置かれている。
薄くて脂身のない、豚の旨味もないチープなカツだ。

タレカツ
単品追加のヒレかつはべったり甘いタレに浸されたよう。
きっと丼用のものなのだろう。
定食のかつよりもほんのわずかに食感が軟らかいような気もするが、
気がするだけのようにも思う。
大きさ、質共に、これで420円も取るのかよ、って感じだ。

タレカツ
とんかつを食うつもりで来てはいけない。
吉野家の牛丼のあたまの部分を“これはすき焼きじゃない”と言うようなもので、
私の期待がお門違いなのだ。
甘ったるいタレカツとご飯を一緒にかき込むファストフードなのだ。

新潟カツ丼 タレカツ 神保町本店かつ丼・かつ重 / 水道橋駅神保町駅九段下駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.6

posted by こここ at 13:50| 千代田区 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする