2014年10月14日

まるやま食堂(蒲田)…林SPF食堂 in KAMATA

まるやま食堂
見つけてしまったのである。
蒲田で人知れず分厚い林SPFのとんかつを出す店を。
その名は「まるやま食堂」。
カテゴリーは食堂であり、焼き魚の定食も出す店だ。
だからあまり表に出てこなかったのだ。
台風一過の平日、開店時間の午前11時を目指して一人で店に行く。

まるやま食堂
店は気のいい女性店員と寡黙な若い男性店員の二人で切り盛りされている。
すでに男性一人客が二人、カウンター席で店備付けの漫画を読んでいる。

まるやま食堂

まるやま食堂
メニューを見る。
店頭に幟を立たせるくらいだから林SPF豚を使った品が店の一番のウリなのだが、
ランチタイムは150gのとんかつ定食が50円引き、200gの特ロースが100円引き、
そして目あての250gの極上ロースかつ定食は200円引きというから嬉しいサプライズ。
極上ロースかつ定食1,300円生玉子50円を注文する。

まるやま食堂
蒲田は今や上野にとって代わるとんかつの都である。
そしてなぜか皆、林SPF豚の分厚いレアの高温揚げカツを出す。
この店は模倣系か、それとも敢えて激戦区でチャレンジしているのか、
そんなことを考えながら待つ。

まるやま食堂
女性店員がとんかつソースとローズソルトを出してくる。
醤油はもともと卓上に置かれている。

まるやま食堂
注文から8分くらいで出来上がってくる。
ご飯は少なめにしてもらう。
女性店員から“大根汁です”と言って手渡された味噌汁には豚肉片が入る。

まるやま食堂
かつは、肉の厚みは最大で2.5p、表示に偽りなしで十分250gはあると思う。
脂身は全体にしっかりついている。
そして断面は薄らピンク色である。

まるやま食堂
レアをウリにするいくつかの店のような強烈なレアさではないが、
部分的には、いかにも生の肉を食べているようなクニュクニュした食感である。
そして、脂身も赤身もいつもの林SPFポークの淡泊な味だ。
特に脂身は融点が高いのか、舌にまとわりつくような感じがした。

まるやま食堂
食堂に来たらTKGだ。

まるやま食堂
林SPF豚は全般に淡泊だが、中には旨味をしっかり感じるとんかつも稀にある。
熟成をかければいいのか、部位の問題なのか、揚げの技術なのか、
私にはよく分からない。
でもこの値段で銘柄豚のこのボリュームのロースかつをなかなか食えない。
いずれ豚ばら生姜焼きをを食べに来たい。

まるやま食堂定食・食堂 / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

ラベル:食堂 とんかつ
posted by こここ at 12:23| 大田区 蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする