2014年10月25日

辰春(中目黒)…人気中国料理店は中目黒っぽい佇まい

辰春
東急バスを東京共済病院前というバス停で降り、付近を歩く。
それらしい店が見つからない。
「ねえねえ、これじゃない?」
一度通り過ぎた道を戻って、妻が見つけたのはおよそ中国料理店っぽくない店構え。
ちょうど店の女性が店頭に営業中の札をかけている。
人気中国料理店「辰春」である。


辰春
夜の開店の18時に4人家族客と同時に入店する。
店内は全18席とこじんまりして、やはり飾り気はない。
カウンター席に座る。

辰春
まずは飲み物を選ぶ。
ワインは白のみ3種ですべて2,500円、いずれも市価700〜800円くらいのもの。
オーストラリアのシャルドネを選ぶ。
ワイングラスはなく、ウイスキーのロックグラスを出される。
あまりワインは飲んでほしくないのだろう。

辰春

辰春

辰春
メニューを見る。
四川料理が中心のようだが、台湾の食材を使った料理もある。

辰春
料理一品目は前菜メニューから台湾ピータン450円が出る。
1個のピータンが半分に割られ、ネギダレがかかり、白髪ねぎがのる。
中国産の青島ピータンなどと比べて黄身が軟らかいと説明されているが、
とにかくねっとりとして独特の食感だった。

辰春
二品目は辰春特製四角い焼餃子540円

辰春
半分に割ってみると、豚挽肉やネギ、ニラの他にタケノコやニンジンが入っている。
肉汁などの汁がほとばしるような感じはないが、具がぎっしり詰まっている。
ニンニクが効いている。

辰春
珍しいものも食べてみよう、と注文したのが台湾A菜の炒め1,300円
店員からはA菜はキャベツのような野菜と説明される。
空芯菜炒めを思い描きながら食べたが、葉の根元は青梗菜のような食感だった。
ニンニクを効かせたあっさり炒めで、独特な苦み、青臭さを感じた。

辰春
ここで辰春自慢の麻婆豆腐1,500円が出る。
辛さはそれほどでもなく、豆豉の酸味が出ている。
頼めば小盛の白飯をつけてくれるようだ。

辰春
〆の前にもう一品イケそう、と朝天辣椒と大山鶏の唐揚げの1,500円炒めを注文する。
朝天辣椒は四川省特産の唐辛子なのだそう。
かじってみたら死ぬほど辛かった。
いわゆる四川料理の辣子鶏なのだが、一般的な辣子鶏と比べて盛りが寂しい。

辰春
〆は五目あんかけ中華そばが美味いと評判を聞いていたがこの日のメニューになく、
葱そば1,260円を選択する。
澄んだ清湯にネギだけのシンプルな麺、と説明されている。
麺はそーめんのような細いストレート麺で歯応えはあまりない。
スープは鶏ガラ出汁だろうか。
すっきりして胡椒が効いている。

辰春
調理は店主と思われる若い男性一人で行っているから、
注文のタイミングによっては料理が出てくるのをかなり待つことがある。
フロアの若い女性店員はやや雰囲気が硬いが感じは悪くない。
料金は二人で9,050円。
高くはないが、ワインや料理のポーションを考えると特別リーズナブルな感じもしない。
我々のようなあまり若くない夫婦がカウンターで紹興酒を飲みながら、
ほんのちょっとつまみっぽい料理をつまむ、
という使い方が良さそうだ。
因みに私は紹興酒は糖分が多すぎるので控えている。

辰春中華料理 / 中目黒駅代官山駅恵比寿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 20:42| 目黒区 目黒、中目黒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする