2014年10月31日

御代鶴(都立大学)…ガリガリコロモは牡蠣に合う

御代鶴
10日もとんかつを食わないと、よく分からない葛藤が生まれる。
このまま健康的な食生活を続けるか、豚肉を噛みしめる欲望に負けるか・・・。
頭の中で白い服を着た自分と黒い服を着た自分が闘うわけである。
たいていの場合、黒い方が勝つ。
駒沢通りのとんかつ店「御代鶴」に行く。

御代鶴
開店時間の午前11時半に店に行くと、既に男性二人組の先客がいる。
カウンターの一番端っこの席に座る。

御代鶴

御代鶴
メニューを見る。
接客姿勢の丁寧な女性店員からはランチメニューの品をまず薦められる。
グランドメニューのとんかつの松と竹の違いを尋ねると、大きさだという。
壁に「カキフライ定食1,150円」の表示があったので、
カキフライの単品注文ができるか聞くと、1個200円でできると言われる。
とんかつ定食(松)とカキフライ2個を注文しようとすると、
松は相当デカいのでやめた方がいい、と言われる。
とんかつ定食(竹)1,200円カキフライ2個400円を注文する。

御代鶴
卓上にはとんかつソース、ウスターソース、醤油、和風ドレッシング、食卓塩、
七味唐辛子、辛子が置かれている。
私の後に次々に客が訪れ、11時50分には空席はテーブル1卓のみとなる。
客はすべて男性で、常連っぽい人も何人かいる。
ほとんどの人がランチメニューの品を注文している。

御代鶴
注文から12分ほどで出来上がってくる。
とんかつ皿には千切りキャベツの他にレタス、トマト、キュウリ、パセリが盛られる。
丼のご飯とワカメと豆腐の味噌汁、漬物がつく。
味噌汁はハッキリとした煮干し出汁の味でなかなか美味かった。

御代鶴
とんかつはモロ高温揚げである。
目の細かいコロモは色が濃く肉から完全に離れていて、とんき系と言える。
肉は厚みが最大2.5pほど、ボリュームは200gちょっとくらいだと思う。
食べてみると、やはり赤身部分はパサついていて硬い箇所がある。

御代鶴
脂身は右側の3片くらいにはたっぷりついている。
なかなか甘みがあって美味い。
肉の銘柄などの表示は店内にないが、結構いい肉を使っているのではないか。
赤身も硬くない箇所はそれなりに美味かった。
醤油よりもとんかつソースとたっぷり辛子が合うとんかつだと思った。

御代鶴
カキフライは大きい。
カキフライ定食は5個だから結構食べ応えがあるだろう。
高温揚げのガリガリコロモやザクザクコロモはとんかつの場合あまり好みでないが、
何故かカキフライには合うような気がする。
レモン醤油でも野菜用のマヨネーズでも美味かった。

御代鶴
1,600円でこのボリュームは目黒のかつ壱に次ぐコストパフォーマンスだ。
いずれとんかつ定食(松)を食べに来たい。

御代鶴とんかつ / 都立大学駅駒沢大学駅学芸大学駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 13:11| Comment(0) | 目黒区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。