2014年12月19日

いんでいら(渋谷)…青春のカツカレーはいずこに

いんでいら
宮下公園近くのいんでいら本店が無くなった、と聞いて久しい。
今から20年以上前、激辛カツカレーなんて食える店はあまりなかった。
いんでいらのベンガルカツカレーは貴重だった。
しょっちゅう食ってた。
有楽町店が無くなり、渋谷警察署の裏手の店もなくなり、そして本店も・・・。
風前の灯のいんでいら道玄坂店に行く。

いんでいら
道玄坂センタービルの地下1階に店はある。
二十数年前、このビルの1階にはDCブランドの雄、JUN MENがあった。
すぐ近くのミウラ&サンズには足しげく通ったものだ。

いんでいら
開店時間のはずの午前11時に店に行くと、すでに男性二人の先客がいる。
店は年配の男性一人で切り盛りされているようだ。

いんでいら
カウンター席に座り、メニューを見る。
デリー的にはベンガルよりもカシミールの方が辛い筈なのだが、
この店ではベンガルの方が辛い。
ベンガルカツカレー890円カツトッピング280円を注文する。

いんでいら
注文を受けてからカツを揚げているようだ。
注文から5分くらいで出来上がってくる。

食べる。
カレーは・・・昔からこんな味だったんだっけな・・・。
レトルトカレーにカルダモン風味をちょっと足したような平板な味。
やっつけでスパイス感をつけ足したような味だ。
だいたいカレーが薄い。
水で成分を薄めたような悲しい味だ。

いんでいら
カツは1枚が70gくらい。
肉の厚みは1pに満たず、断面から明らかに成形肉だ。
これ1枚が280円は明らかに高い。

いんでいら
記憶は確実に美化されていた。
そりゃ淘汰される筈だ。
代々木まで足を延ばしてカレー屋ジョニーに行けばよかった。
美しいまま封印された方がいい思い出が一つ、無くなってしまった。

いんでいら 道玄坂店カレーライス / 渋谷駅神泉駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.2

posted by こここ at 12:30| Comment(0) | 渋谷区 渋谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。