2015年01月14日

かつ蔵(新橋)…ハイCPとんかつ部門はホットだ

かつ蔵
かつやや松乃家、かつ丼屋などのチェーン店系に加え、
まるやや山家系(いちかつ、いちよし)、六九など、
コストパフォーマンスを重視したとんかつ店の選択肢が豊富になってきた。
このカテゴリーに属すると思われ、以前から気になっていた新橋のかつ蔵に行く。

かつ蔵
13時45分頃に着くと、全21席の店内は8割ほどの入り。
入口脇の券売機でまず食券を買う。
とんかつは普通のとんかつと香り豚というSPFブランド豚の二種類がある。
普通のとんかつも国産三元豚の北総豚というブランド豚のようだ。
香り豚とんかつ定食ごはん(小)980円メンチカツ単品480円の食券を買う。
定食のごはんは大、中、小とも料金は同じでおかわりもできる。

かつ蔵
女性店員に食券を渡すと小さな2人用テーブル席に導かれる。
私の後からも次々に客が入ってきて、タイミングによっては待ち客が出る。
ほとんどは男性一人客で普通のとんかつ定食を食べている人が多い。
690円という低価格が客を呼んでいるのだろう。

かつ蔵
卓上にはとんかつソース、瀬戸のほんじお、小袋の辛子が置かれている。
醤油は頼むと持ってきてくれる。

かつ蔵
着席から8分ほどで出来上がってくる。
ごはん(小)は普通のお茶碗だが隣の客に出された(大)は大きな丼だった。

かつ蔵
かつは一見面積が大きいが、千切りキャベツの上に盛られて大きく見えるだけで、
実際は店内に表示される通り、140〜150gくらいのボリュームだ。
厚みは最大で0.8pくらい。
コロモは目が細かめで肉からは剥がれにくい。
この価格だから当然だが、高温揚げの部類に属するかつだ。

かつ蔵
食べてみると、思っていたよりはだいぶ美味い。
厚みがないので赤身はパサついていないのはともかく、
端っこの片についた脂身もそこそこの甘みがある。

かつ蔵
メンチカツは480円で2個、しっかりボリュームがある。
肉汁が滴るようなことはなく、淡泊な味わいだった。

かつ蔵
雰囲気は六九に近いが香り豚はなかなか美味かった。
ハイCP系では山家系に次ぐクオリティではないかと思った。
残念だったのはごはんがあまり美味くなかったことだ。
炊き加減が軟らかめで、しかも古い保温ジャーの臭いがついているように感じた。
土曜限定のカツカレーをいずれ食べに来てみたい。

かつ蔵 新橋5丁目店とんかつ / 新橋駅汐留駅御成門駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

posted by こここ at 15:12| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。