2015年01月30日

すぺっついえ(天王洲アイル)…喫煙者向けパスタランチ店

すぺっついえ
雪まじりの雨が降る極寒の金曜昼、所用で天王洲へ。
月末だからというわけではないがもの凄く忙しい。
予定がつまっていてランチに使える時間は30分しかない。
迷っている時間が無駄だから、目についた郵船ビル2階のすぺっついえに行く。

すぺっついえ
時間は13時過ぎ、全56席という広い店内は8割くらいの席がうまっている。
何故か客は全員男性で、しかもその半分くらいの人が煙草を吸っている。
ちょっと後ずさりしたが、別の店に行くような時間の余裕はない。
若い男性店員に席間のせまいカウンター席に案内される。
この席で隣の客に煙草を吸われたらたまらない。
絶対にケンカになる。
たまたま私の両隣の客は煙草を吸わなかったので助かったが。

すぺっついえ
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見るとパスタの種類は豊富だが、その多くは名前を聞いたことがない。
店員によれば一番人気はソイアという和風醤油味のパスタだそうだ。
迷ったがカルボナーラ990円を注文する。
大盛が無料と言われ、大盛にしてもらう。

すぺっついえ
注文から10分足らずで出来上がってくる。
器は大きいが量はそれほど多いというわけでもない。

すぺっついえ
食べる。
塩味が薄いので塩茹でが甘いのだろう。
それに肝心の黒胡椒が余りかかっていない。

カルボナーラは火加減が難しいとか手早さが大事とか言われるが、
高くて質のいいチーズをを使えば多少火加減に失敗しても美味くなる。
いいパルミジャーノやペコリーノを使えば当然値段は高くなる。
カルボナーラは具がベーコンくらいしか入っていないのに高いのはそのせいだ。
逆に言えば安いカルボナーラは業務用パルメザンチーズを使うから美味くない。
この店のカルボナーラも味が平板なので、業務用パルメザンチーズだろう。

すぺっついえ
味が薄いので卓上の粉チーズをかける。
それでも味が変わらないので、やむを得ずタバスコを大量に投入。
もはやカルボナーラの味ではないが、辛さのおかげで何とか食えた。

すぺっついえ
5分で食い終わったから、次の仕事に余裕で間に合う。
2月に入ったら少し時間に余裕ができるだろうから、
あらためて美味いカルボナーラをゆっくり食おう。

すぺっついえ 天王洲店イタリアン / 天王洲アイル駅北品川駅新馬場駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8

posted by こここ at 13:57| Comment(0) | 品川区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。