2015年02月09日

みのや(東十条)…ともかく安くとんかつが食える

みのや
東十条駅で電車を降りたのは生まれて初めてかもしれない。
だいたい京浜東北線の田端から川口までの間の駅で降りたことがない。
赤羽なんて結構いい飲み屋があるってよく聞くけど・・・。
東十条駅北口を出て左に行くと、昭和の雰囲気のある路地に出る。
今日の目的のみのやはこの路地にある。

みのや
開店時間の午前11時きっかりに店に着くと既に店内には4人の客がいる。
皆男性一人客だ。
カウンター席に座りメニューを見る。
上ひれかつ定食900円と単品ロースとんかつ350円を注文する。
ご飯の量が結構あるとの情報を得ていたので、半分にしてもらう。

店は3人の店員で切り盛りされている。
主人と思われる年配の恰幅のいい男性がかつなどの調理を一手に行い、
その夫人と思われる悠然とした雰囲気の女性は専ら味噌汁をよそう。
その二人よりは明らかに若い男性が他のすべての業務を行っている。

昭和35年創業という歴史のある店で、とんかつフリークの間でも有名な店だ。
立派なとんかつがワンコインで食べられることが評判の源で、
近年若干値上がりしたとはいえ、そのコストパフォーマンスは今も健在だ。
かつてはビフテキやビフカツ、サーモンフライなんていうメニューもあったが、
現在はメニューが少々簡素化されている。
人気のあったメンチカツも昼は注文できなくなっている。

みのや
注文から10分足らずで上ひれかつが出来上がってくる。
ご飯は皿に盛られ、キャベツと豚小間肉の味噌汁は丼に入って出される。

みのや
ひれかつは肉の厚みは最大で0.8p、130gくらいのボリュームだと思う。
ただコロモが厚みがあるので、それ以上のボリュームに感じる。
肉は硬めで歯応えがあり、ガリッとした食感のコロモは肉から剥がれやすい。
コロモの食感はとんき系のような感じだ。

みのや
続いてロースとんかつが出来上がってくる。
肉のボリュームは100gちょいくらいだろう。
コロモはひれかつと同様なので、やはりそれ以上のボリューム感がある。

みのや
こういうコロモには醤油よりもソース+辛子が合う気がする。
赤身は硬くてパサつき感があり、端っこの片についた脂身にも甘みはない。
肉には胡椒がしっかりふられている。
ひれかつともども、ラードで揚げたような香りが全体を覆う。

みのや
まあ考えてみればこのロースかつはスーパーの惣菜と値段が変わらない。
それで揚げ立てが食べられるのだから文句は言えない。
若くて全然金が無かった頃に来ていたら、美味い美味いと言って食っただろう。

みのや
隣席にハムカツとお新香をつまみに日本酒を飲んでいるおじいさんがいた。
この店はそういう人が光景にハマるような昭和の大衆とんかつ食堂だ。
店を出た後、半日くらい頭からラードの香りが離れなかった。

みのやとんかつ / 東十条駅十条駅王子神谷駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9

ラベル:食堂 とんかつ
posted by こここ at 13:30| Comment(0) | 北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。