2015年02月16日

とんかつ三太(赤羽橋)…しょうが焼きは直線的なニンニク味

とんかつ三太
とんかつ屋に行ってとんかつを食べないことはまずない。
カキフライやメンチが食いたければとんかつにトッピングとして加える。
どんなに外してもカツカレーまで。
いかなる形であれ、とんかつは絶対に食べる。
この店を除いては。
芝のとんかつ三太に行く。

とんかつ三太

とんかつ三太
近くのコインパーキングに車を停めて店に行く。
店の入口に貼られた紙のメニューをチェックしてから店内に入る。

とんかつ三太
13時過ぎで先客は壮年の男性一人のみ。
但し私の直後に年配のサラリーマン一人客が入ってきた。
店はカウンター9席、座敷4席ということになっているが、
この雑然とした座敷席に座るのはかなり勇気がいりそうだ。

とんかつ三太
豚しょうが焼き定食750円肉の大盛200円を注文すると、
店を一人で切り盛りする無愛想な主人は
「あい」
と小声で応えた後に、大きな炎をあげながら豚肉を炒めはじめる。

とんかつ三太
炒めている間にご飯と味噌汁をセルフで準備するしきたりだ。
炭水化物ダイエット中だから自分でご飯をよそえるのはありがたい。
(よそわれた分だけつい食ってしまうので・・・)

とんかつ三太
注文から3分ほどで出来上がってくる。
いつも通り、糖の吸収を遅らせるために先にキャベツを平らげる。
卓上にサウザンドレッシングがあるが、
しょうが焼きのタレに浸しながら食べた方がはるかに美味い。

とんかつ三太
肉は豚小間肉で、バラ部分もあり脂身に富んでいる。
味は、生姜も強いがそれ以上にニンニク味が強い。
複雑じゃない。
直線的でジャンクなニンニク味だ。
午後の仕事はマスクを二重にしなければ、と思いながらわしわし食べる。
量は大したことなく、男性なら肉の大盛は必須だろう。
だいたいこの店の雰囲気では女性は絶対に入ってこない。

とんかつ三太
次の機会にはとんかつを食べてみようかとも思うが、
きっと次もしょうが焼きを食べているだろう。
ニンニクの魔力だ。

とんかつ三太とんかつ / 芝公園駅赤羽橋駅三田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

ラベル:生姜焼き 食堂
posted by こここ at 14:30| Comment(0) | 港区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。