2015年02月24日

丸五(秋葉原)…このかつは旨味たっぷり

丸五
昼に秋葉原で仕事が入る。
そう決まった数日前から、ランチは絶対に丸五に行こうと心に決めていた。
ピークを外すために仕事が13時半くらいに終わるよう事前に調整した。
そしてすべて予定通り。
13時45分に一人で店に行く。

丸五
入店すると、カウンター席が3席ほど空いていて、入口に一番近い席に座る。
この時間ならすんなり入れるんだなあ、なんて思っていたら、
私の後から続々と客が入ってきて1階はたちまち満席になる。
その後も数組のグループ客が2階に収容されていた。

丸五

丸五
メニューを見る。
特ロースかつ1,850円ご飯、赤出汁、お新香のセット450円を注文する。
この店に初めて来たのは7年ほど前だったが、
そのときより特ロースかつが100円、定食セットが50円値上がりしている。
因みにご飯とキャベツは1回限り無料でおかわりできるよう。

丸五
卓上には岩塩、醤油、とんかつソース、辛子、らっきょうと梅干が置かれる。
まめにお茶を注ぎ足しに来たり、スポーツ新聞を持ってきてくれたり、
相変わらず接客が気持ちいい。

丸五
20分近く待って出来上がってくる。
同時にキャベツ、レタス用のサウザンドレッシングも出される。

丸五
かつの肉は厚みが最大で2pくらい、150g程度のボリュームだと思う。
肉の断面は薄らピンク色で脂身は全体にわたってついていて、キラキラ光っている。
食べてみると、もうどうして、というくらいに軟らかい。
赤身はしっとりと肉汁を感じるし、脂身にも甘さがしっかりとある。
どこの豚肉なんだろう。
熟成をかけてるんだろうか。
醤油もソース+辛子もいいが、こういうかつはやはり塩をちょっとかけるのがいい。

丸五
低温揚げらしくコロモは薄いきつね色でサクッと感もある。
ただ底辺の面はべチャッとして肉から剥がれやすくなっていた。

丸五
少なめでよそってもらったご飯には卓上の梅干しを2個のせる。
カリカリ梅でない普通の梅干しが置かれているのは嬉しい。
7年前にはもの凄く美味いと思った赤出汁は鰹節の味が強すぎた。
白菜の漬物は恐らく出来合いのものだと思う。

丸五
こんな美味いとんかつを食ったの、久しぶりだ。
このかつが250gくらいあったら、都内最強ロースかつと呼んでもいい。
もっともこの大きさだから絶妙の揚げ加減になるのかもしれないが。
あと、カキフライが単品でつけれるといいなあと思う。
久々に成蔵にも行ってみたくなった。

丸五とんかつ / 秋葉原駅御茶ノ水駅新御茶ノ水駅

昼総合点★★★★ 4.2

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 14:51| Comment(0) | 千代田区 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。