2015年02月25日

荏原食堂(中延)…陸の孤島の庶民派食堂

荏原食堂
昼の12時半過ぎに中延駅近辺で所用を済ませる。
頭に浮かんだのは土田八のラーメンだ。
天気がいいから歩いてみるか、と西大井方面へ歩を進めると、
途中で、東急バスの二葉四丁目バス停近くに雰囲気のある食堂を見つける。
暖簾越しに店内を覗くと、小さな店内は結構混みあっている。
直感で予定変更、この荏原食堂に入店する。

荏原食堂
店は入口から左右に5席ずつくらいのカウンター席があるのみ。
先客はいかにも地元民っぽい人ばかり6人ほどで、
そのうち二人の男性年配客はアジの干物とカレーライスを肴に焼酎で盛り上がっている。

荏原食堂
メニューは10種ほどの定食類に加えコロッケ、ハムエッグなどの単品もある。
豚の生姜焼定食ハムエッグ付720円と単品串かつ400円を注文する。

年配の主人は客とは絶対に口を利かず、店員と言葉を交わすのみ。
気難しい人見知り、といった印象だ。
夫人と思われるおかみはその分気さくで元気がいい。
もう一人の中年男性店員と三人で店は切り盛りされている。
主人が調理を専ら行い、おかみと中年男性が配膳や片づけを行う。
客が会計に立つたびにいちいち主人が取る料金を指示している。

荏原食堂
注文から4分ほどで豚の生姜焼定食が出来上がってくる。
肉は豚ロースと思われ、脂身も多少ついているが若干硬めだ。
玉ねぎと共にやや甘めのタレで炒められている。
生姜味は強くなく、何か変わった酒が入っているような独特な風味がした。
しょうが焼きの上にハムエッグがのせられ、黄身を割って肉をからめて食べる。
定食には豆腐と油揚げとワカメの味噌汁と冷奴がつく。

荏原食堂
定食からやや遅れて串かつが出て来る。
大きめのネギを挟んでひと口大のヒレかつが二個串に刺さっている。
コロモは厚めで目が粗く、高温揚げでサクッとしている。
ビールと合いそうだ。

荏原食堂
会計に立つと、主人から
「920円!」
の声がかかる。
串かつが半額の200円になったのはランチタイムだからか、
或いはご飯少なめにしてもらったからか。
アクセスが悪いからこそ地元民に支えられて盛況な店なのかもしれない。

荏原食堂定食・食堂 / 中延駅西大井駅馬込駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8

posted by こここ at 14:26| Comment(0) | 品川区 戸越、中延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。