2015年02月26日

志野(大崎広小路)…豚バラ薄切り炒めは中毒性アリ

志野
私はしょうが焼きは断然豚ばら肉薄切り派だ。
厚みのあるポークソテーのようなしょうが焼きもあるが、あれは別の料理だ。
豚小間肉使用でもいいが、バラ肉部分が多いと美味い。
そういう意味では、原宿の金魚鉢亡き今、TOCビルの志野がど真ん中になる。
平日のこの日、午前11時15分頃に一人で行く。

011.JPG
座敷とテーブルをあわせて全50席近い店内に先客は男性サラリーマン一人のみ。
厨房前の4人用テーブル席につく。

001.JPG
メニューを見る。
この店に来るのは実は二年半ぶりくらいなのだが、
あんかけ焼きそばとかほうれん草チャーハンなんていう新メニューが加わっている。
しかしこの店では豚バラ薄切り炒め系定食を注文するに限る。
看板メニューの豚肉七味炒め定食980円、通称“ニクシチ”を注文する。
ご飯は少なめにしてもらう。

014.JPG
TOCビル地下1階の飲食店街は昼のピーク時でも大半の店がすいている。
客が入っているのはこの志野となかみちくらいだ。
TOCビルは建て替えを検討中との噂を聞いたことがあるが、
そうなれば、飲食店はコングロマリット系に一新されそうな予感がする。

017.JPG
注文から3分足らずで出来上がってくる。

026.JPG
2年半前よりも豚バラ度が上がっている。
以前はしょうが焼きを食べたが、これに七味が振りかけられただけのものだと思う。
それも大量にかかっているわけでないので、
味としてはほんのちょっとピリッとする程度だ。
生姜味よりもニンニクがかなり効いている。

007.JPG
芝の三太なんかに比べればジャンク度は薄いが、大人の中毒性がある。
いずれ“レバシチ”を食べに来てみたい。

食事処 志野定食・食堂 / 大崎広小路駅五反田駅不動前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

ラベル:生姜焼き 食堂
posted by こここ at 11:55| Comment(0) | 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。