2015年03月16日

とんかつ はぎ乃(赤羽橋)…サラリーマンの味方的とんかつ店

とんかつ はぎ乃
飯倉で昼の仕事を終えたのが13時ちょうど。
今日の昼は絶対にとんかつを食いたいと朝からずっと思っていたのだ。
芝方面まで歩いてのもと家やむさしやに行くか、或いは六本木方面に歩くか。
悩んだ末に、どちらの方向でもない、未訪のはぎ乃に行くことにする。

021.JPG
店の近くでちょっと迷ったが、飯倉から7分ほど歩いて着く。
全31席という店内はまだ半分ほどの席がうまっている。
先客は見事に男性ばかりだ。
入口近くのカウンター席に座る。

とんかつ はぎ乃
メニューを見る。
定食メニューは8種で、その8種すべてに“特製”の冠詞がつく。
ランチメニュー以外はなく、例えば上ロースとか特上ロースなどの選択肢はない。
特製ロースかつ定食880円をご飯少なめで注文する。

とんかつ はぎ乃
店は若い主人と三人の女性店員で切り盛りされている。
皆とても元気がよく、接客姿勢も気持ちいい。
卓上にはとんかつソース、ウスターソース、醤油、七味、塩、辛子が置かれる。

とんかつ はぎ乃
10分ほど待って出来上がってくる。
メニューを見る限り、ご飯の大盛やおかわりは有料のようだが、
ご飯を少なめで頼んだためか、
「もし足りなければ言ってください。」
と女性店員に言われる。

とんかつ はぎ乃
大量のキャベツにもたれかかるロースかつは面積が広いが厚みは最大1p程度。
肉のボリュームは150g程度だろう。
目の粗いコロモは肉から剥がれやすい。

とんかつ はぎ乃
食べてみると、肉は厚みがない分硬くはないが若干臭みを感じる。
端っこの片につく脂身は融点が低く、そこそこ旨味がある。
880円なりのとんかつではないかと思う。

とんかつ はぎ乃
ヒレかつを食べている客が圧倒的に多かったので、そちらが看板メニューかも。
女性店員と親しそうに話している客が多く、常連が多い店なのだろう。
界隈のサラリーマンに支えられる街のとんかつ屋さんという印象だ。

とんかつ はぎ乃とんかつ / 赤羽橋駅麻布十番駅神谷町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 14:39| Comment(0) | 港区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。