2015年03月17日

自然坊(久が原)…ミシュランなんかにとんかつが分かるか、このバカチンがぁ!

自然坊
アクセスが良くないのでなかなか行けないでいたが、
久が原のとんかつ店「自然坊」は雑誌等でよく紹介されることもあって、
かなり以前から気になっていた店である。
ミシュランにビブグルマンとして掲載されたからというわけではないのだが、
急に思い立って一人で行ってみることに。


自然坊
池上線久が原駅から5分ほど歩いて店に着く。
平日13時半の入店で、全27席の店内に先客は4人ほど。
奥の厨房では年配の男性が一人で調理を行っている。
カウンターでは若い男性店員と若い男性客が親しげに話している。
女性店員を加えた三人で店は切り盛りされている。
ランチのピークが終わったからか、何となくゆったりと時間が流れる雰囲気だ。

自然坊
昼はおまかせランチとロースかつ定食、ヒレかつ定食の三種のメニューのみ。
ロースかつ定食2,500円をご飯少なめで注文する。

自然坊
すぐにお茶とともに漬物が出される。
きゅうり、茄子、大根に、珍しいさくらんぼの漬物が並ぶ。

自然坊
卓上の調味料は自家製らしきとんかつソースにウスターソースと醤油だ。
塩はない。

自然坊
注文から12分ほど待って出来上がってくる。
三つ葉となめこの赤出汁がついてくる。

自然坊
かつの肉は厚みが最大で2p、180〜190gくらいのボリュームだ。
目が粗く厚みのあるコロモはところどころ欠けたり剥げたりしている。
コロモの色から察するに高温揚げの部類に入ると思う。

自然坊
食べてみると、赤身部分は旨味は淡泊ながらしっとりとして軟らかい。
脂身は融点が低く、そこそこ甘みがある。
やまと豚使用とのことだが、肉質はそれなりにいいのだろう。
ただ、クリスピーで剥がれやすいコロモのおかげで、
とんかつとしての完成度にはちょっと不満がある。

自然坊
ビブグルマンだから自然に自分のハードルが上がったのかもしれない。
東京のビブグルマンのとんかつ店には首をかしげる店も何店かある。
趣味の問題と言われればそれまでなのだが。
甘いものが苦手なので食後のアイスクリームは辞退した。
カウンターには獺祭の一升瓶が並べられていたので、
夜の飲み屋としてのビブグルマン入りなのかもしれない、と思った。

自然坊とんかつ / 久が原駅千鳥町駅御嶽山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 14:43| Comment(0) | 大田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。