2015年03月23日

とんかつ蓬楽(御嶽山)…人情とんかつ日記

とんかつ蓬楽
蒲田のとんかつ屋はほぼ行きつくした。
昼過ぎに蒲田で仕事を終え、とんかつ屋を調べてそう思った。
池上線に乗って御嶽山駅で降りる。
目指すは未訪の「とんかつ蓬楽」である。

020.JPG
13時半過ぎに店に入ると、年配女性が床にワックスがけをしている。
「もう終わりですか?」
「いえいえ、どうぞどうぞ」
ワックスがけが中断され、端に寄せていた椅子が戻される。
きっと普段はこの時間になるとほとんど客足がないのだろう。

とんかつ蓬楽

とんかつ蓬楽
メニューを見る。
ランチメニューがお得だと言われるが、
グランドメニューからロース特大定食2,150円を注文する。
テレビの高校野球中継にかじりついていた年配の主人がおもむろに作業を始める。

とんかつ蓬楽
卓上にはとんかつソース、醤油、辛子、食卓塩、七味が置かれる。
壁にはさんまの塩焼きやマグロ、アジ、イカなどの刺身類のメニューが貼られ、
夜は居酒屋としても利用ができるようだ。

とんかつ蓬楽
注文から10分少々で出来上がってくる。
シジミの味噌汁、漬物がつく。
ご飯は丼に山盛りで出て来たので、半分程度に盛りなおしてもらう。
尚、ご飯、キャベツ等のおかわりができるかは不明だ。

とんかつ蓬楽
いつものように、糖質の吸収を遅らせるためにキャベツをまず平らげる。

とんかつ蓬楽
そしてとんかつへ。
特大ロースは肉の厚みが最大2p、200gちょいくらいのボリュームだと思う。
コロモは薄くて目は細かめ、肉からは剥がれやすくなっている
中〜高温揚げの部類になると思う。

とんかつ蓬楽
肉は、赤身部分はしっとりとして軟らかく、意外と旨味もある。
脂身も舌にまとわりつくような感じはなく、そこそこ甘みがある。
期待しなかったのが良かったか、まずまずの満足感だった。

とんかつ蓬楽
年配の夫婦の接客も温かみがあってよかった。
夜に来てわかさぎフライをつまみに一杯飲みたい、なんて思わされた。
こういう店が家の近所にあればいいのに、と思った。

とんかつ蓬楽とんかつ / 御嶽山駅久が原駅雪が谷大塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 15:20| Comment(0) | 大田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。