2015年03月28日

Bistro-SHIN 2(目黒)…待ってましたのふきのとう祭り

Bistro-SHIN 2
春到来、千鳥ヶ淵で桜を見ている間も気持ちは夜のBistro-SHIN2
花より団子とはよく言ったものだ。

Bistro-SHIN 2
いつも通り、17時半の予約で奥の椅子席へ。
店内は立ち飲み席も含め、ほぼ満席だ。
壁一面に貼られたメニューを見回す。
この瞬間が一番楽しくてワクワクする。

Bistro-SHIN 2
天井からもメニューが書かれた紙がぶら下がっている。
今日も新メニューのオンパレードだ。

Bistro-SHIN 2
ドリンクは若い男性店員さんに薦められた南アフリカのスパークリングに決める。
葡萄はピノノワール、シャルドネ、ピノムニエだからシャンパーニュ品種ながら、
ボトルで4,000円を切る値段で飲めるのは南アフリカさまさま。
ずっしりと飲み応えがあってとても美味かった。

Bistro-SHIN 2
さて、この日の新メニューの主役はシェフの実家の魚沼産のふきのとうだ。
フリット、リゾット、オムレツ、パスタなどの他にも、
様々な料理のソースにも加えられているよう。

Bistro-SHIN 2
今日の料理一品目はいきなり王道のふきのとうのフリット650円である。
カリッと心地よい食感に独特の苦み。
まさに待ち焦がれていた味わいだ。

Bistro-SHIN 2
二品目は10種野菜の焦がしソテー750円が出て来る。
蓮根、ブロッコリー、人参、茄子、玉ネギ、ピーマン、椎茸、ごぼう、カボチャなど、
眺めているだけで楽しい野菜の数々。
妻と奪い合うように一気に平らげる。

Bistro-SHIN 2
続いては三元豚のステーキ、菜の花とふきのソース950円
脂身が若干ついた厚み0.8pくらいのロース肉が二枚出て来る。
若干臭みがあるが、肉を食ってる感を満喫させられる品だ。
同じ味つけの鯖のメニューもある。

Bistro-SHIN 2
ここでボデガスというスペインのグラス赤ワインを1杯追加する。
樽が効いて厚みのある味わい、とても美味かった。

Bistro-SHIN 2

Bistro-SHIN 2
さてさて、待ってましたのふきのとうのリゾット950円で〆である。
これを食べたくて来たのだ。
とろーり濃厚なチーズに苦いふきのとう・・・
たまらない美味さだ。

Bistro-SHIN 2
帰り際にシェフから
「ふきのとう、お好きなんですね。」
なんて言われるくらい、ふきのとうだらけのオーダーだった。
5月いっぱいくらいまで食べれるだろうか・・・。

Bistro-SHIN 2ワインバー / 目黒駅

夜総合点★★★★ 4.5

posted by こここ at 21:38| Comment(0) | 目黒区 目黒、中目黒 Bistro-SHIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。