2015年04月06日

トミーナ(築地市場)…場内で、あえて魚貝なしパスタ

トミーナ
ワケあって昨晩は食事をできなかったから、今日は朝から腹がグーグー鳴っている。
とても昼まで我慢できそうにない。
こういうときは築地に限る。
気分は何となくパスタ・・・、となれば思い浮かぶのは勿論トミーナだ。

トミーナ
午前10時過ぎに地下鉄大江戸線築地市場駅を降りて場内へ。
これがまたビックリするくらいの大混雑だ。
その人波の7割くらいが外国人旅行客である。
アメリカや中国、韓国にも春休みってあるのだろうか・・・。

トミーナ

トミーナ

トミーナ
店頭のメニューを見る。
メニューはピザ、おすすめパスタ、レギュラーパスタの三つで構成される。
おすすめパスタのずわい蟹のカルボナーラが一番人気のようだ。
本来は築地場内だから魚貝を使ったパスタを選択すべきなのだろうが、
何となくシンプルなものを食べたい気分だ。

トミーナ
入店すると、カウンターのみ13席の店内に先客は中年男性二人のみ。
その内一人は、若い男性店員を捕まえて、若かりし頃の不良自慢をしている。
チープな光景だ。
ジェノベーゼ・バジリコのソース1,300円大盛200円を注文する。
ドリンクがつくと言われ、アイスティーを食前でお願いする。

トミーナ
すぐに店員が冷蔵庫から生野菜の入った皿を取り、ドレッシグをかけて出してくる。
特になんの特徴もない、よくあるランチサラダである。

トミーナ
注文から10分、チープな自慢話に辟易とした頃にパスタが出来上がってくる。
深緑に染まったパスタにたっぷりのパルミジャーノとバジルの葉がのる。
ジェノベーゼは具としてインゲンとじゃがいもが入ることが多いが、
この店のは松の実だけが具として認められ、期待通りのシンプルさだ。

トミーナ
食べる。
ニンニクはほとんど効いてなく、バジルペーストのクセも強くない。
良くも悪くも食べやすいジェノベーゼスパゲティだ。
大盛はそれほど多いわけでないが、それでも単調な味に飽きてくる。

トミーナ
卓上に置かれた辛味オイルを投入する。
ややパンチが増し、ワシワシと食べる。

トミーナ
やはりここは観光地だ。
価格もそういうことになる。
このレベルのパスタにこのレベルの接客では、
築地以外ならこんな値段を納得して払う人はいないと思う。
そうだとわかって食べている分にはいいが。

トミーナイタリアン / 築地市場駅築地駅東銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

posted by こここ at 12:31| Comment(0) | 中央区 築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。