2015年04月09日

加藤牛肉店 シブツウ(渋谷)…お行儀よくかしこまったとんかつ

加藤牛肉店 シブツウ
加藤牛肉店なる牛肉販売店が渋谷に「シブツウ」というステーキ店を出し、
そこが4月からランチでとんかつを出している、との情報を得る。
平日のこの日、さっそく行ってみる。

開店時間であるはずの午前11時に店に行くと、開店は11時半と言われる。
近隣を30分ほど散歩してから再び店に行き、開店と同時に入店する。

加藤牛肉店 シブツウ
店は地下にあり、新店らしく清潔感漂う。
一番端っこのカウンター席に座る。
カウンター席は椅子が硬くて座り心地が良くない。
3人掛けのテーブル席はソファだが、テーブルが小さく居心地が悪そう。

加藤牛肉店 シブツウ
メニューを見る。
昼はステーキ類の提供はまったくないようだ。
特選三元豚使用というトンカツの上ロース定食1,850円を注文する。

加藤牛肉店 シブツウ
私の後に入ってきた年配サラリーマン三人組に若い店員が一生懸命説明している。
三元豚の話から、加藤牛肉店の肉の扱いがどれだけすごいか、などなど。
たかだかとんかつなのに何をそんなに仰々しく・・・なんて思いながら待つ。
卓上にはウスターソースととんかつソースが置かれ、醤油は頼むと出て来る。

加藤牛肉店 シブツウ
注文から8分くらいで出来上がってくる。
ワカメと油揚げが入る白味噌の味噌汁と漬物がつき、辛子と塩が添えられる。

加藤牛肉店 シブツウ
一見してとんかつは小さい。
肉の厚みは最大で0.8pくらい、たぶん150gもないんじゃないだろうか。
粗めのパン粉のコロモは濃いきつね色で、比較的高温で揚げられていると思う。
とんかつだけでなくキャベツの量も心なしか少ない。
キャベツのおかわりは100円取るようだ。(ご飯、味噌汁も)

加藤牛肉店 シブツウ
食べる。
揚げ時間が短かったが、肉に厚みがないので火は全体に通っている。
脂身はそこそこついていて、それなりに甘みもある。
一方で赤身は淡泊で、部分的には硬さを感じる箇所がある。

また、ご飯がちょっとありえないくらい硬かった。
粘り気がまったくないから米の旨味もない。
米粒を食ってる鳩みたいな気持ちになった。
お百姓さんには悪いが、いい糖質制限ダイエットになった。

加藤牛肉店 シブツウ
五反田のあげ福にオープン間もない頃に行ったのを思い出した。
肉屋が営むことと量的なコストパフォーマンスの低さが共通しているからだ。
でもロースかつのクォリティは明らかにあげ福の方が高い。
この店は昼も牛肉のステーキをやった方がいいのではないだろうか。

加藤牛肉店シブツウステーキ / 渋谷駅表参道駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 13:25| Comment(0) | 渋谷区 渋谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。