2015年04月12日

秀(旗の台)…旗の台マツダスタジアム

秀
日曜の16時ちょっと前に妻と東急線旗の台駅に降り立つ。
ギリギリ間に合うかも、と向かったラーメン屋にフラれ、
あらためて向かったのは広島流お好み焼きの店「秀」である。

秀
全22席の店内に先客は7人ほど、時間が時間だけによく入っていると言える。
4人用テーブル席に導かれる。

秀
店内には広島観光PR用ポスターやカープのうちわなどが所狭しと飾られている。
テレビでは広島-阪神戦が生放送されている。
東京でこのカードの地上波放送はないだろうから、CSかBSかCATVだろう。

秀

秀
フードメニューは一品ものの鉄板焼きとお好み焼きとで構成される。
いずれも主人が鉄板で調理し、
焼き上がったものがテーブル上の鉄板に運ばれるシステムだ。

秀
まずはサワーで乾杯し、一品ものをいくつかつまもうという話になる。

秀
一品目はウインナー450円
私は焼いたウインナーが大好物だ。

秀
二品目はなす焼き350円が出る。
おろした生姜が添えられ、上から醤油がかかっている。

秀
そして三品目が名物のゲソ竜田焼き450円
イカゲソに片栗粉をまぶして鉄板で焼いたものだ。
塩味がついていて、レモンをしぼって食べる。
これだけずっと食べていたいくらい美味い。
ここで常温の日本酒にチェンジだ。

秀
さてさて、お好み焼きはえび・いか・たこ入りのトリオ1,450円を注文する。
薄い小麦粉の皮の下に大量のキャベツ、もやしと底辺にそばかうどん、
(我々はそばを選択する。)
これに各種トッピングがあいだに挟まる。
(挟まるんだったらトッピングじゃないか・・・)
マヨネーズも頼めばもらえるが、ソース一本で充分。
野菜たっぷりで、野菜の甘みで食べるのがいい。

秀
量的には二人でこのくらいの品数で十分だ。
会計は二人で3,900円、相変わらずのリーズナブルさだ。
実は約5年ぶりの訪問だったが、いい時間を過ごせた。
ありがたい店だ。

広島流お好み焼き 秀お好み焼き / 旗の台駅荏原町駅長原駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

posted by こここ at 18:38| Comment(0) | 品川区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。