2015年04月14日

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ(蒲田)…カツカレーの終末像か

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ
蒲田とんかつの人気店「檍」が「いっぺこっぺ」なるカツカレー専門店を出した、
という情報を入手したのはかれこれ2ヶ月ほど前のことだ。
そもそも檍にもカツカレーはあるが、通常のロースカツが使用される。
一方いっぺこっぺは上ロースや肩ロースを使ったカツカレーを出し、
更に最近では特上ロースカツを使用したものまで出すようになったという。
檍の特上ロースがのったカツカレー・・・、
カツカレー評論家歴40年を自認する身として、様々な思いを抱きつつ店に行く。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ
小雨降る平日13時半、檍の行列を横目に隣のいっぺこっぺに入る。
カウンターのみ全7席の内、一番手前の1席のみが空いている。
私の直後に3人ほど続けて客が訪れたから、ラッキーだった。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ
メニューを見る。
殆どの客がロースカツカレーを注文し、またロースカツカレーで量的には十分すぎる、
という事前情報を得ている。
しかしここは挑まざるを得ない。
特上ロースカツカレー2,300円を注文する。
これまでの人生で食べたカツカレーの中で、ゴルフ場以外では最高値だと思う。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ
檍は言わずと知れた蒲田とんかつを代表する人気店で、
林SPF豚を使用し、特に特上ロースは厚みがあり脂身が多くレアな仕上がりで有名だ。
私は成蔵の霧島豚ロースにカーナピーナのHOTを合わせたカツカレーを食うのが夢だ。
檍の特上ロースがカツカレーとして成立するのかがどうにも興味深かった。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ
注文から10分ほどで出来上がってくる。
もの凄いデカい皿で、周囲の客が目を見張って見ている。
ご飯は大きめの茶碗に大盛でよそわれた後に皿に盛られる。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ
ロースカツは肉の厚みが最大で2.5p、250gくらいのボリュームだと思う。
中央部の断面は薄らと赤みがかっている。
脂身は全体にしっかりとついていて、コロモは肉から剥がれにくい。
こういうかつにカレーを合わせて食べたことがない。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ
興奮を抑えつつ食べる。
かつをカレーにつけて食べると、カレーに甘さがあって美味い。
一般的なカツカレーのかつはあまり厚みがない方がいいと思っていたが、
このかつとカレーは合う。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ
あくまでカツカレーを食べに来たので塩やソースは使うつもりがなかったが、
かつのボリュームがあり過ぎて、結局かつが2切れほど余ってしまう。
やむを得ず三種の塩を使って食べるが、カレーをつけた方が美味かった。
ロースカツ定食を食うつもりで来ていたら違っただろう。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ
なかなかの満足感だった。
しかし冷静に考えれば、1,000円のロースカツカレーで十分だという声は正しい。
美味かったけれど、この特上ロースはカツカレーのかつとしては立派過ぎた。
カレーがもうちょっと味わい深いものだったら余計邪魔になりそうだ。
いい体験をしたなあ、と思った。

とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺカレーライス / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

posted by こここ at 15:09| Comment(0) | 大田区 蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。