2015年05月02日

Bistro-SHIN 2(目黒)…ふきのとうのリゾットを食べに来た

Bistro-SHIN 2
GWも絶好調で飲んだくれ。
一時期日本酒に傾倒したけれど、やっぱりワインがいい。
今日は1ヶ月ぶりBistro-SHIN2だ。

Bistro-SHIN 2
いつものように予約の17時半に店に行き、奥の椅子席に座る。
大好きなSILENIというニュージーランドの赤の微発泡を注文する。
立ち飲み席に、明らかにこういう店で飲むのが100年早いガキ連中がいて、
見苦しいし迷惑だし、と思っていたら、
店員に会計を促されて追い出されていった。

Bistro-SHIN 2
いつもながら壁には新メニューが満載。

Bistro-SHIN 2
壁を眺めまわしながら何を注文するか考えているときがとにかく楽しい。

Bistro-SHIN 2
お通しは春菊ベースでイタリアンサラミに旬のこごみなどが入る。

Bistro-SHIN 2
料理一品目に選んだのは魚介のフリット盛り合わせ(M)650円だ。
するとおかみさんがやってきて、
「ワラサが入るんですが切らしてしまって、代わりに野菜でもよろしいですか?」
「もちろんいいです。」
野菜のフリット盛り合わせと迷っていたくらいだから、かえってありがたい。

Bistro-SHIN 2
甘えび、ホタテ、たけのこ、ふきのとうというラインナップだ。
甘えびは殻ごと食べれる。

Bistro-SHIN 2
続いて二品目はたっぷり野菜アンチョビソテー750円が出て来る。
自信なさそうに細字で書かれたメニューを妻が発見しての注文だ。
新玉ねぎ、菜の花、長芋、冬瓜などの旬の野菜がたっぷりと入る。
前回はバジルソテーを食べたが、私はこちらの方が好みだ。

Bistro-SHIN 2
三品目は大山鶏とふきのとうのトマト煮込み850円が出る。
トマト煮というからラタトゥイユのようなものを想像していたが、
スープ状の煮込み料理となっている。
このスープが絶品。
これでリゾットを作ってもらいたいと思うくらいだ。

Bistro-SHIN 2
〆を注文する前に、いつも通り黒板のグラスワインメニューを眺める。
うーん、今日の赤の重めはバジリカータ州のアリアニコだ。

Bistro-SHIN 2
アリアニコ大好き、南イタリア大好き。
樽が効いて、香りが杏仁豆腐のように華やか、大正解だ。

Bistro-SHIN 2
〆は妻の強い要望でふきのとうのリゾット950円を選択する。
私はふきのとうのペペロンパスタを食べてみたかったが・・・。
それでもこのリゾットは最高だ。
これを食べないで帰ったら後悔すると思うくらいに美味い。
きっといろいろなチーズが入っているのだろう。

Bistro-SHIN 2
この日の会計は二人で8,700円。
いつもながら幸せな時間を過ごせた。
次はどんなものを食べさせてくれるのか、という期待を胸に、
次回の予約をして店を後にした。

Bistro-SHIN 2ワインバー / 目黒駅

夜総合点★★★★ 4.5

posted by こここ at 21:22| Comment(0) | 目黒区 目黒、中目黒 Bistro-SHIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。