2015年05月03日

ランチハウス ミトヤ(池袋)…B級と言ったら聞こえがいいが

ランチハウス ミトヤ
B級っぽい、豚バラ薄切り肉の焼肉とかしょうが焼きが食いたい。
味が濃くて千切りキャベツをタレに浸して食べるようなヤツが食いたい。
朝っぱらからPCで必死に調べる。
キッチンABCと迷った挙句、同じ池袋の「ランチハウス ミトヤ」に行くことに決める。

ランチハウス ミトヤ
GW真っ只中の日曜、午前11時ちょうどに着くと、店には既に営業中の札が出ている。
店に入るとまだ先客はなく、入口近くのカウンター席に座る。

ランチハウス ミトヤ

ランチハウス ミトヤ

ランチハウス ミトヤ

ランチハウス ミトヤ
卓上のメニューを見る、
メニューは壁のあっちこっちにも貼ってあるが、内容は卓上のものと一緒だ。
概ね豚焼肉類、揚げ物類、ハンバーグ、カレー類で構成されていて、
それぞれ複合のセットメニューもある。
特製タレ焼肉とスパイシー焼肉とで迷ったが、
特製タレ焼肉&メンチカツ定食おかず大盛930円をご飯少なめで注文する。

ランチハウス ミトヤ
洋庖丁やキッチンABCと同じカテゴリーの店ということなのだろう。
何故かこのタイプの店は豊島区や板橋区など城北部に根をはっている。
かなりメニューは似通っているので、大元は同じだったりするのかもしれないが。

ランチハウス ミトヤ
注文から6分ほどで出来上がってくる。
え?・・・これがおかず大盛?・・・しばし呆然とおかずを見つめる。

ランチハウス ミトヤ
しばらくして無機質な表情の女性店員が来て、
「今、大盛分のおかずを作っていますので・・・」
で、数分後に大盛分のタレ焼肉が運ばれる。
一人前の半分くらいの量だ。

ランチハウス ミトヤ
まずタレ焼肉から食べる。
完全に火の通し過ぎで肉がカリッと硬くなっている。
薄切り豚バラ肉のピラピラ感がまったくない。
タレの味はかなり甘めで、しょうが焼きではない。

ランチハウス ミトヤ
洋庖丁と同様、メンチカツにはトマトソースがかかっている。
断面を見ると肉汁が滴っていて、
コロモのサクッと感はないが、タレ焼肉よりはだいぶマシな味だ。

099.JPG
一部で評判のいいカレースパゲティはモソっとして美味くなかった。

ランチハウス ミトヤ
タレ焼肉は火加減に問題があったようだから、調理する人によって味が違うだろう。
この日の一番乗り客だったことも良くなかったのかもしれない。
未訪のキッチンABCも正直言ってもういいかなぁ、という気持ちになった。
年とったかなぁ、なんてあらためて思った。

ランチハウス ミトヤ定食・食堂 / 池袋駅要町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by こここ at 13:32| Comment(0) | 豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。