2015年05月18日

弁けい(西新宿)…味噌汁はとんかつ屋の命

弁けい
このクソ暑い中、昼飯も食わずにひたすら働き続けた労働者の鏡である私は、
夕方西新宿でようやく解放されたときに、ふと思うわけである。
「とんかつ食いたい。」
豚珍館は何度も行っているからもういい。
新宿警察署のあたりまで歩いて「弁けい」に行く。


弁けい
18時半頃の入店で全21席の店内に先客はなし。
女性店員に2人用の小さなテーブル席に導かれる。

弁けい
メニューを見る。
メニューは豊富でバラエティに富んでいるが、
単品ものがないので居酒屋づかいはできなさそうだ。
ジャンボロースカツ定食1,650円を注文する。

弁けい
店はカウンター内の調理場の中年男性と若い女性、フロアの女性の3人で賄われている。
この時点で店内の客は私だけだが、大口のテイクアウトの注文が入っているようで、
調理場の二人はかなり忙しそうだ。
卓上には和風ドレッシング、とんかつソースが置かれ、醤油は頼むと出て来る。

弁けい
注文から13分ほどで出来上がってくる。
出てきた瞬間に思わずのけぞるほどとんかつがデカい。
ご飯はてんこ盛りで出て来たので、半分に盛りなおしてもらう。

弁けい
一瞬350gくらいあるんじゃないかと思ったかつも、
面積はデカいが厚みがないので、肉だけなら280gくらいだと思う。
ただコロモが厚めなので、食べ応えはそれ以上になりそうだ。
どの片にもまんべんなく脂身がそれなりについている。

弁けい
食べてみると赤身は硬く、脂身とのつなぎ目にスジがある。
それでも臭みや赤身のパサつきはなく、脂身のクドさもなかった。
ただ、どうしようもなくダメだったのが味噌汁だ。
土が入っているんじゃないかと思った。
こんなに美味くない味噌汁は生まれて初めてだ。

弁けい
正直言って、全部食べきれなかった。
心が折れかかった頃に入店してきた中年の女性がジャンボロースカツを注文した。
「それはやめておいた方がいい」
って言ってあげようかと思ったが、変な人だと思われるだけなのでやめた。

弁けいとんかつ / 西新宿駅都庁前駅新宿西口駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.3

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 19:37| Comment(0) | 新宿区 新宿、大久保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。