2015年05月25日

COCONUT SUGER(大岡山)…人生初の一人タイ料理飲み

COCONUT SUGER
今日もよく働いた。
スマートフォンの万歩計は1万6千歩。
昼飯もろくに食わずに日中30℃の暑さの中よく歩き回ったものだ。
1杯飲んで帰るか・・・。
綱島から東急線に乗り、普段ほとんど降りることのない大岡山で降りてみる。
駅周辺をふらふら歩いて、たまたま見つけたタイ料理店「COCONUT SUGER」に入る。
COCONUT SUGER
全34席の店内に先客は5人ほど、年配の男性一人客もいる。
一人であることを店員に告げると、2人用のテーブル席に案内される。

COCONUT SUGER
まずは生ビール(ハイネケン)520円を注文する。

COCONUT SUGER
料理は一人だからそんなに沢山は注文できない。
取りあえず一品目はさっぱりとラープガイ700円を選ぶ。
メニューでは“鶏ひき肉のスパイシーハーブ和え”と説明される。
私はタイ料理のサラダメニューの中ではこれが一番好きだ。
ただ、メニュー写真よりだいぶキャベツが少ないのがいただけない。

COCONUT SUGER
ビールを飲み干した後はワインで。
オーガニックワインの赤のハーフボトル1,240円を注文する。
赤ワインに合うつまみならコームーヤーンかガイヤーンか飯なしガパオか・・・。

COCONUT SUGER
やっぱり我慢できずに大好きなパッキーマオ820円を注文してしまう。
もちろん追加パクチー100円も。
パッキーマオは太米麺(センヤイ)の激辛炒め、直訳すると酔っ払い炒めである。

COCONUT SUGER
具は豚挽肉に玉ねぎ、パプリカ、人参、青菜が認められる。
ラープガイがあまり辛くなかったから、少し辛めにしてほしいと店員に頼んだが、
親の仇みたいに辛かった。
挽肉はパッキーマオの具としては合わないと思う。

COCONUT SUGER
会計は3,380円、メニュー表示は内税で席料などは一切取られない。
気になったのは、フロアの若い男性店員がずっと客のことをジロジロ見てることだ。
モノを食っているところを他人にジッと見られるのは嫌なものだ。
やることがないのはよく分かるが・・・。
でもタイ料理屋で一人飲みは意外とイケるものだ。

ココナッツシュガー 大岡山店タイ料理 / 大岡山駅緑が丘駅北千束駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1

posted by こここ at 22:34| Comment(0) | 大田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。